さよなら三角、またきてガード

初心者のためのおすすめ柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

座った状態からの攻め方

 

技の指導は人によって違うけど、そこは取り敢えず黙って聞く!

 

 

まぁ人によって違うこといってるのってよくありますよね。

そこで空気を読まずに「◯◯さんはこう言ってましたよ!」なんていうとご機嫌損ねちゃうから要注意!

 

教えている方も次第に技がキマったときにドヤ顔なんてしてくるもんですから、気持ちいいんでしょうね。

 

先生も気持ちよく説明しているので、取り敢えずツッコまずに「フムフム」なんて聞いておきましょう。

 

 

 

それでは今日も動画をやっていきますね。

宜しくお願いします。

 

 

今日シットガードからのパスガードを紹介したいと思います。

 

座った状態で相手に股下に片足を入れられている状態。

脇を差されて背中に手を回されているところから始めていきます。

 

①後ろ足を相手から離して相手に対し半身になる

 

相手が手を伸ばして足を掴んできてもサイドに周るようにバックステップで逃げましょう。

相手の前足の膝の下には自分の手を入れておく。

 

 

②反対の手を相手の肩にかける

 

前腕で相手の顔にプレッシャーをかけておきます。

チョップするような感じでもいいですね。

 

 

③ヒザ下から手を深く入れる

 

④腕を相手に密着させながら首を抱える

 

密着させてプレッシャーを掛けながら抱えるようにします。

相手に頭をあげさせないように。

 

 

⑤自分の手首を持ってクラッチし腰を上げて足を伸ばす

 

相手の手が届かないように腰を上げて距離をとりましょう。

 

これで相手は動けなくなりました。

 

 

⑥サイドに周り、相手の足の下に膝を入れる

 

相手の顔を一端外側に振った瞬間に逆サイドから膝を入れていきます。

常に相手にプレッシャーを掛けてください。

 

 

⑦膝をマットについて、首を抱えていた手を離して脇を差す

 

脇を差していないとバックに回られちゃいます。

 

 

⑧前に重心を掛けて膝を深く差し入れ相手に背中を着かせる

 

⑨膝を抜いてサイドポジションへ移行

 

 

という感じです。

ちょっと難しかったかな。

 

この体勢から相手の首を抱えるのが難しいですね。 

 

 大きい相手には極まりにくいかもしれません。

相手によっては狙ってもいいのではないでしょうか。

 

 

はい、というわけでもう12月も9日になってしまいましたね。

毎日寒いですが、道場にはいってますか?

 

私も昨日、久しぶりにいきました😁

暖房もつかえるようになったので、週に一回でもいいのでがんばっていきましょう!

 

全力!脱力柔術~!

トレアドールパスのディフェンス

 

畳の端は硬くて受け身が痛い!

 

 

そうなんですよねぇ、、

畳って一畳ずつフレームに入っているタイプのものがありまして、、

 

端っこは硬いんです。

 

その端っこで受け身すると痛い!

ちょっといいところ見せようとして、いい音なるかなと思ってやったら痛い!

 

今日も後ろ受け身したら、手がジーンとなってしまいました😇

皆さんも気をつけてね。

 

 

 

では今日も動画やっていきましょう!

 

今日はトレアドールパスのエスケープを紹介します。

両ズボンを持たれてトレアドールパスをされそうになったときのディフェンスですね。

 

トレアドールパスはトレアナとかとも言います。

 

よくあるのは、相手が肩を入れてくる前に肩を対角の手で止めて手で支えながら半身で対応する、、これができれば一番いいですよね。

 

ただ支える手の対応が遅くなったりすると、起き上がれないことがありますよね。

そんな場面で使える技になります。

 

まずは相手に枕をとらせないようにしましょう。

①対角の手で相手の肩を受け止めて、反対の手で二の腕を外から押す

 

これでしばらく相手のプレッシャーに耐えられますよね。

 

となると相手は頭のほうに回り込んでくるでしょう。

ノースサウスまでいってしまうと相手の肩を抑えられなくなってパスされてしまいます。

 

 

②相手の周りこみに合わせて自分も周る

 

マットについている足で回ります。

 

外側の足は上げておきましょう。

マットに着かれると相手に逆サイドに回られてしまいますからね。

 

引き寄せて曲げておくといいと思います。

 

 

③相手のグリップをカットする

 

 相手の手首を持って手前に引っ張る&キックすることで相手のグリップを切ることができます。

 

④正面をむいてガードに戻す

 

 

という感じでした。

 

そういえば最近トレアドールパスって使う人減ってる気がするな。。

パスガードにも流行り廃りがあるのでしょうか。

 

 

というわけで今日は終わりたいと思います。

ありがとうございました。

 

全力!脱力柔術~!

コムロックからキックしての三角絞め

 

たまにいい香りの人がいる!

 

身体を密着させて戦う柔術ならではのあるあるですよね。

香水とかそんなんじゃない気がします。

道着の柔軟剤の種類なのかもしれません。

 

「どこの柔軟剤つかってんの?」っと聞きたいところですが、へんなやつだと思われたくなくて聞けてません😣

ううう。

 

ではでは今日はガードがからの三角絞めを紹介します。

 

クローズドガード内では相手はおそらく帯を握ってベースをつくっていると思います。

 

①対角の袖を持ち、自分の手首を掴んで手前に引く

 

まずはグリップをカットを狙います。

相手の袖を掴んで、相手の手の下から手を通しましょう。

 

自分の手首を引っ掛けて、上に切るだけでなくて自分の顔付近までもってくる。

相手のバランスが少し前に崩れるくらいで。

 

②袖は離さずにそのままコムロック状態

 

コムロックに入るときのパターンですね。

動画ではオーバフックと呼んでいます。

 

相手の袖は後頭部で掴んでいる状態。

 

腕を巻きつけたら、袖を離します。

そのまま襟を開いてコムロックの手に襟を受け渡します。

 

③腰をずらして相手を前傾姿勢にさせる

 

片足をマット、もう片方を相手の背中に当てて、エビをして腰をズラす。

襟を持つ手はより強固にできると思います。

 

腰をズラしたら足を腰に当てて相手の動きをコントロールします。

 

 

④相手の手を抑えつつ膝を抜いて足を腰に当て、相手の袖を内側に押す

 

コムロックで関節が極まらないように相手も前に前に来ると思いますので、手でディフェンスします。

相手に襟などを持たれないように上腕を抑えましょう。

 

足を抜いたあとは相手の腕下にスネがくるようにし、足裏は腰に当てておきます。

自分の膝に相手の腕がしっかり当たるように抑えてください。

 

⑤足をキックして足を回して三角の体勢に持っていく

 

あとは腕を流して手でサポートしながら、ガッチリ足を組んで三角絞めの完成です。

 

 

という感じです。

いかがだったでしょうか?

 

膝を抜くと見せかけて、逆にキックするところが相手の虚をつけていいのではないでしょうか。

 

ただ最初のコムロックの体勢になるまでがちょっとシンドイなぁ。

自分は背中まで手がぜんぜん届かないので、手の長くない相手には難しいんですよね。

 

別の方法でうまくコムロックに入ったら是非試してみたいと思います。

 

でわでわ今日はこのへんで。

また明日も宜しくお願いします。

 

全力!脱力柔術~!

相手の体重を頂いてからのスイープ 

 

狭い世界で噂はあっという間に広がる!

 

 

柔術の世界は本当に狭いです!

 

よくも悪くも噂はすぐに広まりますね。

移籍情報だとか道場や先生の雰囲気だとか、、

 

試合会場では専ら情報交換の場となっておりますね。

みんな本当に噂が大好きです🤗

 

実は、知り合いの知り合いというパターンが多く、悪いことはできませんよ!

 

 

今日はスクープアンダースイープというやつですね。

どんなスイープなんでしょう。

 

立ち技からスタートなんですね。

①対角の裾をもち引きつけ背中の帯をとる

 

隅返しに入る前の予備動作に似ていますね。

 

プレッシャーとかけて相手が膝をついてきたとします。

 

②足を相手の股下におき、シッティングガードのような形で座る

 

足を前に出してから、反対の膝をマットについてシッティングガードのようなポジションを取ります。

 

膝をついている足は相手に対して脛が正面を向くようにしましょう。

 

頭は前に出して相手の肩上につけておきます。

 

③両足を相手の股下におき、腰を前に移動させる

 

普通の人は焦ってここから足を伸ばしてスイープしようとしますね。

相手とのスペースが空いています。

この大勢からではかなり力が必要になってしまいます。

 

まずは相手とのスペースを無くしましょう。

そして相手の下に潜りこむイメージ。

背中の帯も使って深く入り込みます。

 

そして相手の両内腿に両足をフックさせます。

 

 

④密着したまま後ろに倒れて両足で相手を支える

 

相手と一緒に倒れてください。

そのまま自分の上に相手を乗せます。

いきなり返そうとすると難しいですね。

 

 

⑤両足でリフトしたら、片足をマットに着く

 

やって見るとわかるのですが、両足フックの状態で相手を投げるのは非常に力が必要になります。

横にダラッと崩れて終わってしまうかもしれません。

 

なので片足を解除してマットにつけ、そこで踏ん張って相手を返すようにしましょう。

 

 

⑥片足マットをついたら腰をずらして相手を横に返す

 

この腰をずらすのがポイント。

巴投げとかもそうなのですが、真後ろではなく横に返していった方が簡単です。

 

 

はい、いかがでしたでしょうか?

いきなり投げるのではなくて、いったん自分に体を預けさせてそこから返していくのが重要ですね。

 

 

あー、ブログ書いていたらだいぶ肩がこってきました。

 

肩がゴリゴリいってますねぇ。

気がついたら柔軟体操したりしていますが、最近はすぐに凝っちゃうのでなんかいい方法ないかしら??

 

 

でわでわ皆さん、良い週末を!

 

全力!脱力柔術〜!

 

 

パスガードしやすくなる姿勢の基本!

 

激しい寝技の攻防のあとはなぜかタイガーステップ!

 

 

まぁ気分的にタイガーステップを踏みたくなる気持ちはわからんでもない。

おそらくいい寝技の攻防だったのでしょう。

 

お互いにやるな!という感じで気分が高揚し、タイガーステップにつながったのである、、、

周りは大笑いをしていましたが、、、

 

 

 

今日はパスガードしやすくするヘッドクォーターポジションの作り方です。

 

安定したポジションがヘッドクォーターポジションというそうですね。

 

まずはデラヒーバをやられている状態からです。

相手にカラーを引かれているとするとまずはこのグリップをカットすることを考えましょう。

 

①デラヒーバフックの膝を押して、反対の足の足首を持つ

 

②バックステップしてデラヒーバフックを解除しそのまま前に出して足を跨いで膝で挟む

 

よくある基本の動きになります。

ここからクォーターポジションを作っていきますね。

 

③腰を落として襟を引っ張る

 

相手のスネの上に座りましょう。

相手のお腹が真上を向いているのがポイント。

 

これで胸が張れるようになります。

ここから相手の手首を前に押し出してグリップをカットする。

 

④-1相手の膝を持ちながら膝をステップインしてクロスニーパス

 

そのまま相手の袖を引き付けながらサイドに回ります。

 

クロスニーが抵抗されたり相手の膝が流れていたりするときは

④-2腰パンツを持って肩でプレッシャーをかけるように相手の膝をプレス

 

この腰パンツをもって片肩でプレスをかけることで、相手の膝を流せるようになります。

そのままプレッシャーを掛けて、相手の膝が倒れてグリップが切れたら逆サイドに周ってパスしましょう。

 

 

それでは次はリバースデラヒーバから、、

⑤外の足を中にステップして相手のお腹を真上に向ける

 

先程のデラヒーバのときと同じですね。

スネの上に座り襟を引き付けて胸を張りましょう。

 

⑥足のグリップをカットしてクロスニーパス

 

 

それでは次ににキックスパイダーのときは

⑦横ステップして内側の膝を相手の太ももの内側に当てる

 

⑧片方ずつ手を内側に通してスパイダーを解除

 

⑨両膝の内側を持ちながら、サイドステップしてクロスニー

 

膝を当てたら相手の襟を取って、グリップをカットする

 

⑩相手の足首を持って足を跨いで座る

 

あとは一緒のようにクロスニーパスを極めることができると思います。

 

 

では最後に片襟片袖ガードです。

⑪少し正面に戻ってから腰を落として胸を張る

 

⑫手を内側から回して膝の内側を持って相手の足を入れないようにする

 

⑬膝の内側から相手の襟に持ち手を移行。袖を持たれたいた手も回してグリップカットする

 

⑭相手の足首を持って跨いで座る

 

あとは④のようにクロスニーかスマッシュのやりやすいほうにパスガードをしかけていきましょう。

 

 

まぁ基本の動きは一緒ですね。

自分の胸を張って相手のお腹を真上にして相手の足を跨いで座る。

相手の襟を持ったまま相手の状態によって、クロスニーもしくはスマッシュパスのどちらかを選択。

 

 

いろんなガードがでてきましたが、常にこの姿勢を意識することでパスガードしやすい姿勢をキープできます。

 

 

はい、いかがだったでしょう。

難しかったかな?

また打ち込みやスパーで復習しておきましょうね。

 

 

今日もまた寒くて、このブログ書いていても足元が寒いです。

小さいストーブでも買おうかな。

 

明日は金曜日ですね。忘年会の人も多いと思いますが、飲みすぎないように注意しましょう。

 

それではまた明日~。

全力!脱力柔術~!