さよなら三角、またきてガード

初心者のためのおすすめ柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

ニースライスとスマッシュの使い分けをやってみましょう

 

飛びつき三角で、道着がスポッと抜けて背中を強打!

 

 

やったことある人はわかるのではないでしょうか。

少し背の低い相手だと起こるようです。

 

上手い人だと偶然じゃなく狙って着を脱ぐことができるとか。

 

ちょっとでもかがまれてしまうと首が抜けてしまいますよね。

背中を打ったときの一瞬息が止まるところと、その後の心配された時の何でもないよ感が見どころです。

 

 

では今日も動画をやっていきたいと思います。

 

昨日はニースライスからのパスガードを紹介しました。

今回はそれがディフェンスされたときの反対側へのスマッシュを紹介します。

 

宜しくおねがいします。

 

襟を引きつけて膝を入れていくのですが、相手が膝でディフェンスしてくる場合もよくあります。

 

相手に膝を当てられるとそのまま膝を倒すところまで行くことはできませんので逆サイドへスマッシュを狙いに行くことを考えましょう。

 

やり方として、外側の膝を腰を切って相手の膝裏に入れます。

そのまま相手の足を挟んで両足を揃えて正座するような形になります。

 

ここから外側に足を出してバランスをとってください。

 

この位置から脇を差しに行くと、相手が遠いので逆に脇を取られてしまいます。

 

なので相手の腰の下側を持って相手の腰にプレッシャーを掛けます。

相手の膝裏にフックしていた足を外して、体の向きをお尻側に向いて、逆足の足首にフックをします。

 

次に空いている足でフックをかけている相手の足の膝裏にフックを掛けて、逆サイドに回ってニーオンベリーに行くことができます。

 

相手の膝裏に掛けないと、膝を立てられて潰せなくなってしまいますのでご注意を。

スライドして相手の逆サイドから下を覗けるような位置まで前にでれば膝にフックしやすくなると思います。

 

 ポイントは片足で相手の動きを封じてから、もう片方で同じ箇所を抑えて、反対の足をを次の展開に持っていく。。。この繰り返しですね。

 

ニースライス or スマッシュに行く方向は相手の動きをよく見て左右どちらでも行けるようにしておくといいですね。

 

これは簡単な様に見えますが、柔術のディテールがいくつも積み重ねられており非常に練習が必要になると思います。

 

これができたらちょっとは柔術家らしくなるかな。

 

 

ということで今日も、人の趣味を横取りしてマウントとってくるでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりTwitterにて有り難いお言葉を頂戴いたしましたのでご紹介します。

 

タップした後に何事もなく続けてくる人もいる。

 

白帯ニーチョ #うな重たべた

 

なんというか。。人としての器が仏飯よりも小さいですよ!

も~。

まぁそんな人だってわかってるからいいだけども。。

 

 

では今日もこれで終わりたいと思います。

全力!脱力柔術~!

 

ニースライスでパスガード

 

大人の男性でも仕事はバイト!?

 

 

そうそう。

ブラジル人は仕事が長く続かないのかどうか知らんけど、よく仕事が変わる。

 

そして仕事のことを何故かバイト?と呼んでますね。

バイトくらいの給料しかないのか、ちゃんとした仕事でもバイトと呼んでいるのかはわかりませんが、、

 

でも何かあってもお互いが助け合っているみたいで、そんなところがブラジル人、素敵です!

 

 

では今日もテクニック動画やっていきますね。

宜しくお願いします。

 

ニースライスとスマッシュのパスガードコンビネーションってやつですね。

2回に渡って紹介させてください。

 

スマッシュっての相手の足を潰すってことかな?

 

 

相手はオープンガードでそこからパスしていきます。

 

相手の両足が自分の股の間に入っている状態です。

 

まずは片方の足を膝を中心に足を回転させて、相手の足の乗り越えます。

これで片足は相手の内側にきました。

 

その状態でパスガードをしようとすると、相手の遠い側の足がフリーになってしまいディフェンスされてしまいます。

 

そこで今回は遠い側の足も殺しておきましょう。

相手の足を乗り越えたらその足は前に出します。

 

と同時に手で相手の膝をマットに付くくらい下に押し付けて、力が入らないようにしてください。

 

 

次に同じ手で相手の胸元の襟を掴んでおきます。

このとき前に出す足が中途半端だと、足を腰に当てられこちらの足が抱えられてXガードなどに繋げられます。

 

自分の膝が90°以下になる(膝が曲げれる)くらいは前にだして、相手が足を入れるスペースを潰しておきましょう。

 

反対の手はちょっと動画では見にくいですが、相手の膝を押さえてるかな。

 

そこからは襟を引きつけながら、膝を対角に滑らせてニースライスとします。

 

襟を引き付けるのは相手に足を入れるスペースを作らないようにするためです。

相手を起こしてやるくらいだと相手も足が入れられず、膝が差しやすくなります。

 

膝を差したら外側の足を開いてバランスを取れるようにする。

 

そのまま、脇を差してスライディングしてサイドポジションをキープしてください。

 

ここでも襟を引きつけておくことで相手の距離が近くなり、脇を差しやすくなります。

遠いと脇を差し替えされて、バックをとられてしまうでしょう。

 

 

どうだったでしょうか?

本当にわかりやすいですし、ディテールまでしっかりしてますね。

 

襟を引き付けながらパスをするというのは、なんとなくやっているのと意識してやるのでは結果が大きく違ってくると思います。

 

今回の技も帯関係なくずっと使っていける技だと思いますので、是非マスターしましょう!

 

 

ということで今日も、部屋にレッドブルの空き缶がたくさん転がっていて部屋が甘いニオイがするでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりためになるご講話をお聞きしましたので展開させていただきます。

 

 

格下と闘う者は、

自らも格下にならぬよう、

気をつけるべきだろう。

パスガードを狙う者は、

スイープを狙われているのだ。

 

白帯ニーチョ #明日は浜松出張

 

 

いやほんと、攻守の目まぐるしい柔術は楽しいですな!

抑え込んで何もしない、何もできないってのはお互い避けたいもんです。

動きのある柔術はいい汗かけますよ!

 

 

ということで今日はのんびりした1日でした。

台湾まぜそば食べたのでちょっと太ってしまったかも。

明日は出張なのでそこでもまた食べてしまいそうで、、、気をつけよう。

 

ではまた明日~!

全力!脱力柔術~!

サイドポジションから膝を立ててのエスケープ

 

先生から、今日の練習はテクニックとスパーリングどっちがいい?と気かれたらスパーリングがいいと答えると受けがいい!

 

 

そうなんですよねぇ。なぜか。これはウチの道場だけかもしれません。

 

特に練習のプログラムがあるわけではなく、その日その日で何教えよっかなーって感じ。

教えるのがパッとでてこないときはテクニックなしで突然スパーに行くときがありますね。

 教える側も大変です!

 

 

では今日はサイドポジションで抑え込まれた時のエスケープの仕方を練習しましょう。

 

下になっているときは、まず首と腕を守ります。

 

まず脇を絞めますが、横からしめるのではなくて縦方向にしめるようにしましょう。

首のあたりに手が来るようにしてください。

 

そして相手側にある足は立てて反対の膝に足裏を乗せます。

支えている足はベタ足で構いません。

 

この状態で相手に向かってマットについている足で、にじりながら相手にプレッシャーを掛けます。

 

相手のプラスが弱いときには、エビをして相手とのスペースをつくり、近い方の膝を入れます。

相手の腰に自分の足の甲が接触するような感じがいいと思います。

 

そして前腕を使って相手の腰を顔を押し上げてスペースをつくり、遠い側の足で相手の近い側の肩を押します。

 

反対の足も相手の肘裏に当てて、相手の袖を持ち正対してガードに戻します。

 

相手が枕を取らずに両手とも逆サイドにあるときは、下から相手の胸を押上げて隙間を作り、後転するような形で足を間に入れましょう。

 

 正対するときに相手の袖を持っていないと相手と距離がでるだけで捕らえることができないので持つ癖をつけてくださいね。

 

 

さて今日はいかがだったでしょうか?

サイドポジションからの逃げは毎日でも使う技だと思いますのでしっかり練習しましょう。

また下は体力を消耗するので、エスケープを極めるときは一発で極めておきたいですね! 

 

 

ということで今日も、メルカリで毎回事件を引き起こすでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりありがたいお言葉を頂きましたので紹介させてください。

 

 

生徒が恐れているのは、

道場の破滅よりも、

むしろ、道場の変化である。

 

白帯ニーチョ #今日は有休

 

 

 そうですよ!へんな道場になっちゃう前に!

 いきなり先生が消えたり、ムエタイとか始めちゃったりしたり!(そりゃウチだけ)

 

 

では今日はこれで終わりたいと思います。

全力!脱力柔術~!

相手の亀の状態だったらまず何をする!?

 

たまにNOGIでやって気分転換!

 

 

行き詰まったらNO-GIのサブミッションレスリングをやるといい気分転換になりますよ!

自由に動けて体が軽い軽い!

 

道着を持たれてストレスになることもなく、動けているように錯覚します。

関節が滑って掛けにくくなるのはご愛嬌。。

 

 

では今日も動画スタートしますね。

 

亀になった相手への対処法ですね。

宜しくお願いします。

 

 

すぐにバックマウントを取りに行って4ポイントとるのもいいですが、本当に極めにいくなら、もうちょっと別の方法がありますね。

 やってみましょう。

 

サイドからプレッシャーを掛けて攻めていくのですが、よく反対側の脇をすくいにいくと巻き込まれて寝かされてしまいます。

 

そこで今回は遠い方の手は相手の内股に手のひらを当てに行きます。

近い方の手は相手の肘の上くらいをもっておきましょう。

 

内股に入れている手で相手の足を上げさせて、そのまま引き付けるようい寝かしてやって上を取れるようにしておく。

 

尻もちをつかせる感じ。

自分も体は動いてくださいね。

 

 

これで崩れない場合、遠い方の手で背中越しに相手の逆襟をつかめたとすると、そのまま引き込むことで相手を引っくり返したり、途中で我慢されたとしてもキムラなどのアームロックに移行することができます。

 

自分の腰を回転させて、相手と反対向きになるように動きましょう。

 

 

亀になった相手に対して上記のようなことをすると相手も警戒して腕を伸ばしてバランスを取ったり、膝を広げたりして寝かされないようにしてくると思います。

 

そういった場合にやっと足を入れてバックに入る余地がでてくると思います。

 

 

また立ち上がって逃げようとする相手には、おそらく手で支えながら起き上がるのでその伸ばした手を足で引き込んで腹がためなどに展開していくことができるでしょう。

 

バックマウントはいきなり狙いにいくものではないよということを忘れないようにお願いします。

 

 

どうだったでしょうか?

亀の相手をみるとみんなバックマウントを取りに行くのではないでしょうか。

もちろんそれもいいのですが、極めにいくための優位なポジションとは言えません。

 

あくまでも流れの中の一つとして覚えておくようにしてください。

 

 

では今日も、バイトを休むときは代わりの人を探さないと休めないでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生より有り難いお言葉を頂きましたのでご紹介させていただきたいと思います。

 

 

人間は柔術をしている時には、

他のいかなる時よりも、

じっとよく耐える。

つまり、

すべてのことを甘受するのである。

 

白帯ニーチョ #明日は休み

 

 

我慢しすぎるとロクなことないよ!

酸欠状態になっちゃうよ!

 

ということで今日は終わり!

 

明日も宜しくお願いします!

 

全力!脱力柔術~!

まずは覚えましょう! 必殺!ニースライスパス!

 

柔術盛り上がりに地方は置いてかれっぱなし!

 

 

いやぁ、柔術がちょっと人気でだしてるのかなぁ。。都心で。

 

なんか情報がよく発信されているけど、地方はなんにも変わってない感じがする。

地方置いてけぼり、そんな気がして悔しいです。

 

なんとか地方からムーブメントとなるうねりを起こせないものか。。

 いや、冷静に考えてムリだし。

 

 

では今日も動画を始めていきたいと思います。

 

今日はパスガードの一つ、ニースライスパスをやっていきます。

宜しくお願いします。

 

まずはしゃがんだ状態で、相手の腰に両手を当てている状態からスタートです。

 

ここから片方の手を相手の膝の上に乗せ、そのまま腰を上げて、上から膝を下に押し付けます。

 

このとき、反対の肘は開いておいて、相手の膝にブロックされないようにしてください。

しっかりと真ん中のスペースを確保しましょう。

 

 

開いたら膝をクロスに入れて割っていきます。

 

さっきの肘で相手の膝を開いておかないとニーシールドをされてしまいますのでしっかりとお願いします。

 

膝の割を入れた際に、お尻とかかとに隙間があるとその間に足を入れられてリバースデラヒーバの体勢にされてしまいます。

 

お尻とかかとは付けて膝を入れる様にお願いします。

 

ここからは相手の脇を差して、頭を相手の横に付けます。

相手の肘を脇に抱え、足を伸ばしてバランスをとっておくこと。

 

そのまま膝をスライドさせて膝を乗り越え、相手の肘を引き上げ、枕をとってサイドポジションを取ります。

 

 

脇を差せなかったときは、相手の襟を持って肘をしっかりと相手に落としてください。

 

この場合、相手の袖口を持って相手を引き上げます。

 

相手を半身にさせないように肘で相手にプレッシャーをかける、相手の袖口を引いて腕を引き上げることが大事ですね。

 

 

ただ、膝を入れた瞬間に反応のいい相手だったりすると、すぐに足を入れられてリバースデラヒーバになってしまいます。

 

そうはならないように、最初から空中で膝を曲げて相手の足がはいるスペースを消しておくと、膝の入るスキがありません。

 

お尻と足の裏が付くくらい曲げてそのまま前に突き刺すイメージですね。

 

さてどうだったでしょうか?

これもベーシックですが、かなり使える技ですよね。

 

なんだったら練習のたびにつかえる技だと思います。

ただ実際には相手のディフェンスがありますので、事前に相手のグリップを切っておいてすばやく膝を突き出すようにしましょう。

 

 

ということで今日も、バイトの引き継ぎメモがアイスピックで壁に突き刺さっていたでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生より楽しい説法がありましたのでご紹介したいと思います。

 

心が折れてタップすることより

不当に練習さぼってしまうことの方が、

良心の呵責を呼び起こす。

 

白帯ニーチョ #飲み会でテクニック講習会が始まった

 

いやぁ、練習行くのってなんであんなにめんどくさいとか思うのかな。

なんで「あいつ練習きてないといいな」なんて思ってしまうんだろ。

 

練習が終わればものすごくいい気分で、誰にでもやさしくできるのに。

 

柔術ってホントに不思議なスポーツです。

 

ということで明日は日曜日ですね。

いい天気になるかな?

 

もうすぐGW! みなさん予定は立てましたか?

お金の準備をしておきましょう!

 

全力!脱力柔術~!