さよなら三角、またきてガード

初心者のためのおすすめ柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

ニーオン下からのリバース

 

教室後ろのプロレスごっこで柔術技を使い一目置かれる!

 

 

もしその時、柔術やっていたらオモプラッタとか使うんだろなー。

制服をきているので柔術技は使いやすいと思います。

 

やっているうちに本気モードになって締め落としたりしそう。

ぜひ柔術やっている中高生に聞いてみたいところですね。

 

でもよくよく考えたらプロレスごっこで寝技って地味~。

 

 

さて今日も動画いってみますかーということで最近お気に入りのヘンゾの動画をまたまた紹介します。

 

 

最初はニーオンされている状態からスタートです。

 

ニーオン、、、コレって苦しいですよね。

 

逆サイドに相手を返そうにも相手が足を伸ばしていたら、難しいでしょう。

 

①相手の襟を持ち支えながら、相手のお尻を膝で蹴り出す

 

ニーオンされていて少し前傾姿勢だと狙いやすいかも。

 

相手の襟を持って支えておきます。

持ち上げる必要はありません。

 

ブリッジをしてそのままお尻を膝で送り出してやりましょう。

 

相手に前にバランスを崩させて手を着かせるようにします。

 

②後ろから膝を抱えて体を回転させて起き上がる

 

ブリッジをしたあとにお尻の下の空間を使ってお尻を外側に出します。

 

と同時に、外側の手で相手の膝を抱えてください。

しっかり膝の曲がるところを深くとらえればいいでしょう。

 

足を伸ばして体を回転させるとスムーズにやれると思います。

起き上がると同時に相手の足を引いて上になります。

 

 

これはニースライスのパスガードなどでも使えます。

相手が乗り越えようとしているときに反対の足を膝裏に入れて、先程お尻を押し出したように押し出すのです。

 

そのまますぐに相手の膝を抱えて、起き上がります。

 

 

はい!いかがだったでしょうか?

 

ニーオンのときに相手のお尻が膝の届くところにないよ!って野暮な意見はいいっこなしでしょうか。

 

 

それにしてもヘンゾの道場?の周りの生徒がいいですね!

横になって肘ついている人がいないよ!?

 

一歩でも近く、少しでも技を吸収しようっていう姿勢がいいですね。

 

 

しかも全員道着が白!

公立高校の校則じゃないんだから!

 

ヘンゾも教える姿がいい兄貴って感じで好きなんですよね。

いつかお見かけしたいものです。

 

 

という感じで今日もまた終了。

とりあえず今から副業しまーす。

 

それではまた明日。

全力!脱力柔術~!

クローズドガードからの糸通し!

 

部屋で柔術ムーブをして壁にぶつかる!

 

 

練習から少し離れていると突然柔術の動きを試したくなる時があります。

前転や首抜き、足回しからエビや腰切り、ロールなどですね。

 

自分の体がなまっていないかを確認するためにも重要だとは思いますけどね。

生きている限り、これらの動きがちゃんとできるようにしてください。

 

私の知り合いなんかは靴を履いた状態での柔術ムーブで壁に穴を開けた人を知っています。

なぜ部屋の中で靴を履くのか、、(買ったばかりでテンションが上がっていたのだと思うが)

 

他にも畳を傷めて、ボロボロになってきたりすることもありますので、部屋の中ではほどほどにね。

 

 

それでは今日も動画やっていきますのでよろしくお願いします。

 

今日は糸通しをやってみたいと思います。

知ってます? 糸通し。なかなか極めがいがありますよ!

 

 

まずはクローズドガードから。。

 

①ラペラを引き出して逆サイドの手を渡す

 

相手がある程度前傾姿勢で頭を下げている時が狙い目です。

少し引き出したら、足裏を腰に当てて、ラペラを下に引き出します。

 

滑車の要領で強く引き出すところが細かいテクニックですね。

 

ラペラを引き出して逆サイドの手に渡して順手で握ります。

 

 

②ラペラの下に足を入れる

 

ここからブラボーチョークなんかを狙ってもいいのですが、今回はラペラの下に潜り込ませます。

 

この時、一気には入れられないと思うので手でサポートしてくださいね。

 

 

③ラペラを逆の手に持ち替える

 

次に腰を蹴って(難しければマットでも構いません)、体の角度を変えます。

マットを蹴ってずらした場合はすぐに相手の腰に足を戻してくださいね。

 

相手の襟を内側から手を回してカットしつつ、肘を内側に入れてラペラを持ち替えましょう。

 

これで相手はマットに手をついていると思います。

 

 

④足を抜き、スパイダーのように相手の肘裏を足で押す

 

逆側の腕も同じように内側から手を回して手首をキャッチします。

 

再度体の軸をずらして足を抜きましょう。

軸をずらさないと足が抜きにくいですよね。

 

そのまま足裏を相手の肘の曲がるところに当てます。

 

 

⑤ 足で腕を押し込み、逆足で引っ掛けて肘を引っ張る

 

ラペラを持っていた手を離して、足を自由にさせ、糸通しを狙っていきますね。

まずは相手にベースを作らせないように腕を抱えてください。

 

あとは足で腕を押し込んで逆の足に引っ掛けましょう。

 

腕の後ろ側から引っ掛けるんですよ、逆じゃないですからね。

 

相手の腕が伸びた状態で肘を引きつけて、糸通しの完成です。

 

 

さていかがだったでしょうか?

 

極まれば相手には精神的にもダメージが与えられるのではないでしょうか。

なかなか実力差がないと狙っていけない技かもしれませんが、ハマれば面白いでしょう。

 

 

という感じで今日はこれまで。

また明日もよろしくお願いします。

 

全力!脱力柔術〜!

片襟片袖持ちからの膝十字

 

極めずに動いていきましょう!とかいって始まるスパーは最後はバチバチになる!

 

 

まぁ柔術界ではとくにあるあるではないでしょうか。

最初に相手を油断させておいて、ガオーッっとやる。。

 

とくに周りが見えていない初心者さんは、すぐにヒートアップしてきて、顔が真っ赤になってきて、フン!👿フン!👿フン!👿となってしまいます。

 

ただそれも楽しめるようになってきたら、初心者卒業かな。

がんばって突っ走ってください!

 

 

ってことで今日も楽しく柔術のお勉強をやっていきましょう。

今日はXガードからの膝十字かな? 宜しくお願いします。

 

 

まずはお互い座った状態からスタートです。

①片襟片袖を持って相手の股下に両足を入れておく

 

②襟を持っている手を引いて、相手を横にバランスを崩させる

 

しっかり脇を締めて相手を横に崩します。

相手がマットに手をつくのを確認してください。

 

③股下に足を入れて足で相手の足をすくい後ろに倒れる

 

これは難しいかも。

股下に足を入れて膝で相手の足を手前に持ってきます。

 

なので相当相手に近づいていないと難しいですね。

 

 

④腰に足を当てて、相手の足首をアンダーフックに捕らえる

 

⑤足をお尻側から股下にフックする

 

腰に当てていた足を外して相手の股にセットします。

ここまでずっと襟はしっかり持っておくようにしてください。

 

⑥足をスイングして横になり膝十字を極める

 

襟を離して手と足を一緒に抱くように回転します。

 

相手と反対側に回転して膝十字を極めます。

 

 

うーん、別アングルからも見たかったところですが、、

相手にバランスを崩させたあとに相手の足を引き出すところがどうやっていたのかもう少ししりたかったですね。

 

相手がマットに手をついていれば、相手の体が浮いているってことなので股下にスペースができているからやれるのかな?

真横というよりは斜め手前くらいに引っ張るのがいいかもしれません。

 

これはちょっと自分でもやれるかどうかわかりませんね😓

 

 

はい、今日もここまでありがとうございました。

今日はなかなか難しかったですね。

 

今回紹介した膝十字は茶帯から使えるようになるのですが、白帯のころから練習するのはアリだと思います。

 

柔道などとは違って足の関節を極められるというのは柔術の大きな魅力です。

 

早めのタップを心がけてヒールホールドをしなければ、足関節も楽しめると思います。

 

 

今日で週末が終わってしまいましたが、また明日から仕事もがんばっていきましょう。

みなさんも新年会も一通り終わってノンビリした週末だったんじゃないでしょうか?

 

 

それではみなさん、ごきげんよう。

 

全力!脱力柔術~!

これでサイドポジションも怖くない ヘンゾが教えるサイドポジションからの脱出方法

 

三角絞め好きなやつ、だいたい理屈っぽい!

 

 

まぁうるさいやつが多い。

もちろん私もその中のひとりです。

 

自分の周りでも三角絞めが得意な人が多いですが、だいたいが入り方がとか、足の固定の仕方がとかどうとか研究していて面倒くさいのが多いです。

 

しかも後付けで解説してくるので、都合よく解釈してそりゃ理屈っぽくなりますわね。

 

なんでも論理的風にいかないと気がすまないのかしら。。

教えてもらうときはそのほうがいいけども。

 

これも柔術特有ですかね。

 

 

さーてさてさて、今日も簡単動画いってみましょう。

今日はヘンゾ・グレイシーのサイドコントロールからのエスケープを紹介します。

 

サイドポジションを取られたら、、

枕をしっかりとられていてもかまいません。

 

①相手の首下に前腕、腰に手を当てておく

 

これがまずできていないと枕の状態からはなかなか抜けられません。

サイドポジションを取られてもしっかり前腕を相手との間に入れ込むことが重要です。

 

両腕でフレームをつくります。

 

 

②肩ブリッジをして相手を頭よりも上に流す

 

いきなりエビをしても相手とのスペースが生まれにくいのでまずは肩ブリッジをして相手を離しましょう。

 

ここで間違いやすいのが腕の力で相手を押し上げるということ。

これは力を使いますし、体力が持ちません。

 

手はフレームをキープしてブリッジの力で相手を押し上げます。

自分の耳がマットにつくようにしてお尻を完全に浮かせます。

 

首下の前腕を単純に上げるだけではなくて、ブリッジで自分の頭側に送り出すことが大事です。

 

 

③エビをして自分の腰を外側に出す

 

ブリッジをすると自分のお尻の下にスペースができます。

ここでエビをして自分のお尻を外に出してください。

 

前腕は相手がすぐに被さってこれないようにプレッシャーを掛けておきます。

伸ばしすぎるとアームロックをやられるので注意。

 

 

④外側の足を使って内側に膝を入れてガードポジションへ

 

ここはスムーズに入れておきたいですね。

相手と正対してガードにします。

 

という感じです。

かなりシンプルなテクニックでしたね。

 

重要なのはブリッジの際は片耳が着くイメージで、フレームを作って相手を頭側へ押し流す。

 

これを覚えておけば、サイドを取られても落ち着いて対応できると思います。

 

 

ヘンゾ先生は教え方も上手そうですね。

おそらく世界中に生徒がいるのでしょう。

 

明るくて道場の雰囲気もいいんだろうな。

ぜひ一度セミナーの機会があれば参加してみたいものです。

 

 

ということで今日はこんな感じです。

比較的ボーッとしていた一日で、、、なんかもったいないことしたな。

 

明日は本来なら練習日でしたが、練習相手が怪我をしてしまいまして(私のせいでもあるのですが)お休みです。

 

みなさんもよいお休みを。

全力!脱力柔術~!

マウントキープのコツを紹介します

 

Youtubeで道着が新しくなった人を見るといろんなスポンサーがいるんだなと思う!

 

 

まぁ気になっちゃいますよね。

いろいろ新しい道着を着ている人を見ると、またスポンサーが付いたんだなって思っちゃう。

 

もちろん私にはスポンサーなんていませんが、道着くらいは自分の好きなものを着たいなって思います。

でもホントは羨ましいのだ😢

 

 

はい、今日はマウントキープのコツを紹介していきたいと思います。

3つあります!

 

①足を閉じて腿で相手を挟む

 

相手の両足を開くとかいう🐸がひっくり返ったような技もありますが、基本的には足を閉じておきましょう。

 

これにより相手の肘が股下に入らないようにしておくことができます。

締めて潰しちゃうイメージですね。

 

ここからキープしていくのですが、おそらくマウントをとったら相手はブリッジしてきますよね。

 

②ブリッジのときは手を開いてマットにつけてバランスを取る

 

相手に乗っていく必要はありません。

乗ってしまうと飛ばされてしまいます。

 

膝だけに体重を掛けておきます(お尻にはかけない)

膝立ちになってからマットに手を付きましょう。

 

ただしバランスを崩した瞬間に足が開いて肘が入ってくることもありますよね。

 

 

③肘が入ったときは相手の両袖を持ち上げて、胸を張って前に移動

 

肘が入ってしまうと相手にスペースを作られてしまうので、ブリッジされると膝が間に入ってきてガードに戻されてしまいます。

 

そこで肘が入ってきたら袖を掴んで引張り、そのまま前に進んでいきます。

肘を引きながら腰を前に出して反るとやりやすい。

 

そうすると相手の手が伸びているので、腕十字などが取りやすくなります。

 

 

またマウント下から片足の裾を掴んでハーフに戻そうという動きもありますね。

④裾を掴んできたら、すぐにグリップカット

 

両手使ってでも切ったほうがいいと思います。

 

ただ相手は切った瞬間におそらくブリッジを仕掛けてくるのですぐに両手を離して手をマットにつけるようにしておきましょう。

 

相手もいろいろ考えながら対処してくるはずなので、しっかり反応するのが重要です。

 

 

はいいかがでした?

マウントのときは

 

・ギュッと膝をしめて

・肘を入れてきたら袖を引っ張る

・足を持ってきたらすぐにカット

 

そして、ブリッジ対策で両手で広く着く準備をしておきましょう。

 

マウントはバランスを保つのが難しいので、あまり長時間キープしないようにしたいですね。

相手が動いた瞬間を一気に攻めていくことを考えたほうがいいかも。

 

 

ということで今日はこんな感じでした。

 

今日は休みだったので、久しぶりにいきなりステーキにいきました。

 

いやぁ、ボリュームあって美味しかったですね!

ランチはそんなに高くないのでまた来たいと思います。

 

写真見るとまた肉食べたくなりますねー。ホント飯テロとはよく言ったもの。

 

f:id:sankaku_guard:20200117214136j:image

 

それではみなさん、良い週末を!

 

全力!脱力柔術~!