さよなら三角、またきてガード

初心者のためのおすすめ柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

ラペラを使ったサイドからの絞め技 初心者でもできます

 

永という感じをみてKEIKOとでてきたら、あんた柔術病!

 

そうです。

柔力に魂を抜かれていますので、早めの治療をお願いします!

 

 

では今日も動画を始めていきたいと思います。

 

今日はサイドポジションからラペラを使った極め技を紹介したいと思います。

 

サイドポジションから前腕で首下を抑えてくるパターンが多いと思いますが、ここからラペラを使って極めていきましょう。

 

まず相手のラペラをめくって伸ばしてやります。

 

①ラペラを使ったV1アームロック

 

長く使えるようになったら、ラペラをもったまま首下の相手の前腕を上から押し付けてマットにつけてやります。

 

そのまま枕をとっている手に渡してやります。

このとき手首にラペラが引っかかるようにしましょう。

 

次に空いた手を相手の腕の下から手を入れて、ラペラを反対の手に移し替える。

そのままラペラを引きつつ肘裏で相手の腕を上げてV1アームロックが極まります。

 

 

②袖車(エゼキエル)

V1アームロックにいこうとラペラを手首に引っ掛けるときに、腕が逃げた場合はそのまま枕の手にラペラを渡してやります。

 

次に空いた手でラペラの下から手を入れて手刀を相手の首に入れてチョークします。

袖車ですね。

 

起き上がってニーベリーしながらするとよく強く極めることができます。

 

 

③ブラボーチョーク

また同様にラペラを相手の手首に引っ掛けようとしたときに、腕を伸ばしてくぐってきた場合、、

 

そのまま枕の手に持ち替えて、起き上がってニーベリーに状態にします。

 

更に反対の手にラペラを持ち替えて、肩口を掴んで手首の横の骨がでているところでチョークを極めます。

かかりにくい場合は足を伸ばして体重かけて極めてもいいですね。

 

ブラボーチョークの状態でも相手からなかなかタップを取れないときは、相手の肘を手で流して自分の胸でプレスします。

 

そのまま両手をクラッチして引き付けて圧殺します。

 

 

さてどうだったでしょうか?

 

最後の圧殺というのが自分は好きではなくてやったことがありません。

なんか弱いものいじめみたいになっちゃってるのをよく見るからね。

 

でもどの技も基本中の基本なので流れるように変化させていきたいです。

 

相手のラペラを緩めるのは、ナイフを指すように一気に引き出すのがいいと聞いたことがあります。

ここにはあまり時間使いたくありませんからね。

 

 

では今日も、タバコに匂いをプンプンさせて遅刻してきたでお馴染みの某スポーツ系雑誌インタビュア、ギャン・ニーチョより電光掲示板にてメッセージが送付されておりますのでご紹介したいと思います。

 

呼ばれた時に爪痕を残さないと生き残れない。そういう場所だと思っています。

久保建英(サッカー)

 

いや、ホント素晴らしいね。

試合では必ず、爪痕を残す! 残されるほうではいけませんね。

 

ということで今日はこれで終わりたいとおもいます。

 

今日もまたありがとうございました。

 

全力!脱力柔術~!

 

サイドコントロールからの基本のエスケープ

 

みんな体が柔らかいと思ったら大間違い!

 

見てる感じ、体が柔らかいなぁって思った人はいませんな。

もちろん柔軟運動はやってますが、みんな人並みレベルです。

 

上手な人でも体が硬いって人は多いよ。

もしこれから柔術始めようって人は参考にしてね。

 

 

今日はサイドポジションからのエスケープを紹介します。

 

基本はブリッジとエビのコンビネーションで脱出します。

 

首と脇を抱えられている場合、まず脇を差されている手のほうにプレッシャーを掛けていきます。

 

ブリッジをするために相手の肩を抱いて、相手から離れるようにエビをします(1つ目のエビ)。

 

ここから相手に近い側の腕を腰に入れにいきます。

入ったらもう片方の手を相手の首下に入れて、再度ブリッジします。

 

この過程の中で、エビをした際に腰が外にでると相手も近づいてきますよね。

 

近づいてきたときにタイミングよく仰向けに戻ってブリッジすることで相手を返すことができます。

 

ブリッジをすると相手も手を伸ばしてディフェンスしてくる場合もありますよね。

 

伸ばしたら、再度エビをして、肘と膝を相手との間に入れて相手を剥がしガードポジションに戻すことができます。

 

優先順位としては

 

①肘を相手の腰下にいれ、前腕を首下に入れて伸ばし、エビをしてガードに戻す。

 

②エビをして相手が乗っかってきたら、ブリッジして逆サイドに相手を返す

 

③ブリッジをして相手のが手を伸ばして防御したら、再度エビをして前腕を入れて相手との間に膝を入れる

 

 ですね。

 

基本といいつつもなかなか逃げられないポジションなのでいくつか逃げるパターンを用意しておきましょう。

 

では今日も、人の家の値段を頼んでもないのに予想するでお馴染みの某スポーツ系雑誌インタビュア、ギャン・ニーチョよりLINEのタイムラインで情報が流れてきましたのでご紹介したいと思います。

 

俺が興味あるのは常に自分を更新すること。ベストバウトを聞かれたら「次の試合」ですよ。

鈴木みのる(プロレス)

 

昨日の自分を超えてやる!って感じですか?

今日はちょっとスパーリング流してやろうかななんて、自分がとっても恥ずかしい!

 

ということで今日はこれで終わり!

でわでわまた明日!

 

全力!脱力柔術~!

ハーフガードからの基本のパスガード

 

二人きりでの練習だと雑談が多くて距離感が縮まる!

 

 

1年に数回ですが、2人での練習の時があって、相手によってはちょっと気まずいながらもスパーリングをやったりするのですが、

 

ちょっと疲れて、休憩中に身の上話なんかしちゃったりして相手との距離が縮まることがありますね。

 

ただし離婚の話とかちょっと重たい話も多いので、なんて反応していいのかわかんないときもあります🙂

 

 今日はハーフガードのパスをやっていきますね!

 

まくらと脇を差した状態からスタートです。

 

まず固めかたなんですが、いくつかやり方はあります。

 

A.枕の手は相手の反対の肩口を掴む。脇を差した手は手のひらをマットにつけておく

 

B.両手でクラッチを組んで引き付ける

 

どちらでもOKなんですが、一長一短ありますね。

 

Aのパターンだと、相手がブリッジをして反対側に倒そうとしたときに手をついてバランスをとることができます。

 

Bは両手でクラッチすると返されてしまう可能性はありますが、顎へのプレッシャーが強くなります。

 

どちらを重視するかはそれぞれですが、初心者さんはAがいいのかもしれません。

 

 

次に外側の足を相手の膝の裏側に足を差し込んでください。

そのまま反対の足でトントントンと腰を上げていきます

 

膝が抜けたらその膝を曲げてマットにつけさせます

外側の足は外に開いてバランスを取ります。

 

そこから足を抜きにいくのですが、相手が耐えてくる場合は外側の足を曲げてカカトで相手の上側の膝を蹴って足を抜きます。

 

足を抜いてすぐに両膝着いてサイドポジションを取ろうとすると、相手との間にスペースができて足を入れられてしまいます。

 

そこで足が抜けたと思ったら、相手の腰と自分の腰を密着させて相手をお尻で押し込んでやります。

 

そうすることで相手は反対方向を向くので、ここで膝を相手のお尻の下にいれながら改めてサイドポジションを取ります。

 

膝でブロックしているので相手はこちらを向けれません。

 

足を入れれなくなり、しっかりサイドポジションをとることができますね。

 

 

ハーフガードになったときに、相手に膝を押されてガードに戻されてしまうこと、、よくあると思います。

 

ここではそうならないように外側の膝は相手の膝、腰、脇に密着させながら上に上げていく。。

 

膝が開かないように、相手の脇の下まで膝がいくようにしたいですね。

これなら相手は膝を押すことができません。

 

足を相手の膝裏に入れたときも足が開いていると、膝を押されてガードに戻されてしまうので、膝はしっかり締めておくようにお願いします。

 

 

さていかだったでしょうか?

大変わかりやすくて実績的ですよね!

 

上半身の動きをしっかり殺しておくことが足を抜けやすくしますので、ハーフガードのときは枕と脇差しをお願いします!

 

 

では今日も、雨が降っててもぜったいに傘をささないことが信条だと熱っぽく語ってくるでお馴染みの某スポーツ系雑誌インタビュア、ギャン・ニーチョより検閲印が押された手紙が届きましたのでご紹介したいと思います。

 

12回戦でなく3回戦なら今すぐにでも井岡さんに勝つ自信がある。

井上尚弥(ボクシング)

 

いやほんとすごいですね。

私は先生と勝負したら、3分で10回はタップを取られる自信、ありますよ!

 

では今日はこれで終わりたいと思います。

あっという間に週末も終わってしまいましたね。

また明日からがんばりませう。

 

全力!脱力柔術~!

内回りベリンボロ→外回りベリンボロへ

 

やめるきっかけを探しているくせに、やめたら?と言われると続けたくなる!

 

 

まぁ習い事なんてみんなそんな感じでしょうね。

 

時間的、経済的にどうしようかなぁ、、って思っていても、そんなんならやめたら!?って言われたらやめたくなくなるもんです。

 

やめるときは自分で決める!っていうよくわからんプライドが、、あると思います!

 

 

 今日は久しぶりにベリンボロをやります!

いやぁ道場でもやる人、すごく増えてきました。

 

今日やるのは、内回りベリンボロを防いできた相手へスイッチして外回りベリンボロをしていきます。

 

まずは片襟片袖をもってガードポジションに入ります。

 

片足は相手の腰に、もう片方は相手の股下に足を入れます。

 

相手の腰を蹴って自分のお尻を外にだしてください。

股下に入れた足を相手の足にからめて、リバースデラヒーバのような体勢にもっていきます。

 

中足で相手の腰を押す

相手が襟を持っていたら内側から手を回して外しておきましょう。

 

外側の足は相手の腕を蹴って、グリップを外します。

 

そのまま相手の足首に手を差し込み、もぐっていきます。

相手の股下に頭を入れて、上半身を相手の股下からだします

 

ここから両膝が出せればいいのですが、相手も尻もちをついて膝が抜けないように防御してくると思います。

 

そこから相手の背中に回るために足を背中側からお腹側に移動します。

上側の手で相手の背中を掴んで、起きれば背中を取れるのですが、相手もわかっているのでプレッシャーを掛けてくると思います。

 

相手がプレッシャーをかけてくる力を利用してそのままもう一回ベリンボロを行います。

下側の足を使ってお尻をあげ、片足は相手の膝裏、もう片方は相手のお腹の上において相手を後ろに倒します。

 

足に引っ掛けている足を最後まで倒して、相手の腰を引き付けて相手に背中を向けさせます。

 

上の足を相手にフックしてテイクバックの完成です。

 

 

はい、どうでしたか?

自分は今まで外回りのベリンボロばかりやっていましたが、この動画をみて内側も結構やれるかも!なんて思ってしまいました。

 

ベリンボロもいくつかバリエーションを持っておくと、カッコいいですよね!

 

 

はいでは今日も、仕事がうまくいくともう俺の出番じゃないなと1ステージ上からモノを言うでお馴染みの某スポーツ系雑誌インタビュア、ギャン・ニーチョから暑中見舞いが届きましたのでご紹介したいと思います。

 

打ち出しでドンッ、そこからドン、ドンッ、上空でさらにドンッともうひと伸び、そんな打球が理想です。

吉田正尚(プロ野球)

 

いやぁスケールがでかい!

バッティングフォームからしてすごさが伝わってきます!

 

柔術はなかなかそういうの魅せるタイミングがないからなぁ、、

試合前にエビとかワニ歩きしてもなぁ、、

 

 

では今日はこれで終わりにしたいと思います。

 

今日も昼練習ありましたが、比較的いい動きができたと思います。

明日はのんびり過ごそうかな。

 

全力!脱力柔術~!

ニースライスからロングステップパスへの移行

 

飲み会で腕相撲を挑まれる!

 

 

いやぁめんどくさい!

とにかく面倒ですね!

 

腕に自信があるのだと思いますが、柔術と腕相撲は違うし、それで勝った勝った言われてもやだし。。

 

相手にしなくても、逃げたとか言い出すし、ホントに迷惑な話ですよね。

 

 

では今日もやっていきましょう。

 

今日はロングステップパスというのをやります。

 

ニースライスパスの流れから相手が襟や膝を持ってディフェンスしてきたとしましょう。

ちょっとニースライスは難しいかなぁって時の対応方法を紹介します。

 

相手の膝横を持ちつつ、反対の手は相手の襟を持ってください。

 

しっかり襟を引きつけながら、頭を相手のお腹あたりにつけて一気に腰を切っていきます。

 

この時襟を持った手は肘をマットにつけておくようにしましょう。

べたっと体が着いてしまうと起き上がれなくて、自分が下になってしまう恐れがあります。

 

お尻は付いてしまうと上を取って相手を押さえ込みにいけないので、必ずお尻は浮かしておくこと。

 

肘と頭と足でバランスを取っておきます。

 

両手で相手の襟、膝を引きつけつつ、頭でプレッシャーをかけておきます。

 

次に膝を持っている手をマットにパンチするように逆サイドに押し込んでください。

そうすると相手の腰が反対に向きます。

 

これくらいまでしっかり押し込むと楽にサイドポジションが取れますね。

 

 

どうだったでしょうか。

この技も非常に使いやすい技で、ニースライスをよく狙う人は防がれた時のバリエーションの一つになるでしょう。

 

相手を引きつけること、自分の頭と腕を使ってうまく相手を逆サイドに向けることがポイントですね。

 

 

では今日も、やったことないからできませんが口癖でお馴染みの某スポーツ系雑誌インタビュア、ギャン・ニーチョよりルージュで伝言がありましたのでご紹介したいと思います。

 

「ミスしてほしい」とか、そんなことを考えていたら絶対に勝てません。

石川佳純(卓球)

 

あぁぁ、私のことですね。。

 

サイドポジションなどで強烈に抑えられているときに、相手が攻めてきた時に隙をついてエスケープしてやろうと考えていても大抵うまくいきません。

 

そういう時に限って攻めて来ずに、そのまま塩漬けにされてしまうのがオチです。

やはり自分から動いて、スキを付いて逃げるのが一番いい方法ではないでしょうか。

 

 

では今日はこれで終わりたいと思います。

ありがとうございました。

 

全力!脱力柔術〜!