さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

柔術もぐもぐタイム

 

スキンヘッドにタトゥーはまじでひく!

 

 

いやぁこの前練習に行ったらいましたね。

スキンヘッドの素肌にタトゥー!

おもわず、おおぁぁと立ちすくんでしまいました。

 

しかもタトゥーが字とか絵ではなく、本物のバーコード?みたいなものだったので、そこで???ってなってしまったわ。

 

ヘッドにバーコード? んんん。。

 

初対面なのであいさつ程度ですましてしまいましたが、今度はじっくり聞いてみます。

バーコードリーダでピッとやってもいいですか?と。

 

 

では動画に行きましょう!今日はハーフガードの最終回です。

もぐりですね。もぐもぐ。

 

自分から相手に近づいていくとそのタイミングで枕を取られる可能性があります。

枕をとられる人は胸の膝をうまく使えてなくて伸びた状態でもぐるとやられますね。

 

もぐるときに膝で相手との距離をとっておくと、仮に枕をとりにきたとしても、膝で押し返し、流すことができます。

 

流した後は膝で相手を浮かすようにしましょう。

そして相手に両手を着かせます。

 

全体的にはもぐりながら送りだすイメージでいいと思いますね。

そのあとは足でⅩを作ってさらに押し出してやり床に手を着いて立ち上がります。

 

 もし手は入ったけど膝を突破されたら。。

股を相手を前に前に送り出してやります。これは難しい。。

 

まくらを取られたとしても足と手を使って体全体で相手の前方向に送り出してやるって感じです。

 

けっしてハーフガードは防戦一方ではなく攻めに転じる大勢だということも覚えておきましょう。

 

どの場面も腕や足だけでなく、体全体を使って相手をコントロールしているように見えますよね。

いかに自分の身体がどう動いているか意識しないと難しい。

本当は無意識に体が動いてくれるといいのですが。。

動画で見てると先生はいとも簡単にやってのけますので、本当にうまいです!

 

 

自分たちの道場はバルボーザ系の道場なので、ブラジルからバルボーザ先生の弟子の方が来日して稽古をつけていただきました。

 

スパーリングした感じだと、特別力が強いというわけではないのですが、力の使い方が絶妙でスルッスルッっと侵入してきます。

 

私は防戦一方で正直相手になりませんでしたが、私のような日本人(一人だけ)にも分け隔てなくスパーリングをしていただいたことをありがたく思います。

 

また一段とブラジル人と柔術が好きになった日になったかな。