さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

なんだこのプレッシャーは!? 

 

ぬぅわぁにぃ~!今日、先生休みだと~!  やった~っ!

 

 

なんて言われていること、夢にも思わんでしょうな。

たまには力抜いて練習したいときもあるのでしょう。

 

 

はい、前回ハーフガードでスペースの確保の仕方を覚えましたね。

 

腕か膝で相手の潰しをブロックするわけですが、やっぱり足のほうが力が強いのでまず膝をしっかりいれることをやっていきましょう。

 

膝は相手の胸をしっかり押さえるようにしてください。

閉じすぎると相手につぶされちゃいますし、開きすぎると足をすくわれて股を開かされてかみつきされることがあります。

 

相手に対して斜めに当てておくとなかなか相手も侵入できないですね。

 

さらに当てている足の足首は相手にフックしておくと、相手の胴体の出し入れをコントロールすることができます。

 

反対の足も必ず相手の膝裏をフックしておいてください。

やっておかないと簡単にパスされてしまいます。

 

股下の足のフック相手を引いて、胸に当てている膝を押すという動作をすると、相手に強いプレッシャーを与えることができます。

 

ここまで足だけですが、ずいぶん相手をコントロールできているような気がします。

 

では明日はこの状態から手の使い方を勉強しましょう。