さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

デラヒーバができたら基本カッコいい

 

道場のホワイトボードに書いてある字がペイントアート!

 

 

そうなんですよね。しかも結構上手だったりして。

 

こんなところに商店街のシャッター通りあったかなぁ〜って。

 

ハロウィンも関係してるんかなぁ~って。

 

ポルトガル語なので読めなくて。。。

なんて書いてあるの?って聞いたら、

 

「月謝ちゃんと払え!」だそうです。

 

ふ・つ・う・に・書・い・た・ら・?

 

 

今日はデラヒーバですね。

デミムーアじゃないよ。誰がアメリカの女優だ!?

今はどうしているんだろ?

 

それはさておき、動画に行きましょう。

デラヒーバは足の外側から自分の足を入れ 、股関節に自分の足首を置きます。

 

自分のお尻は相手の小指の上につける様な位置がいいですね。

なのでちょっと外寄りかな。

 

そして相手のカカトを持って置きましょう。

この体勢がデラヒーバガードです。

 

このままほって置くとすぐに足をバックされて跨がれて終了〜っってなってしまいます。

 

そうならない様に余った手で相手の袖口を掴みます。

こうして置くと同じ様に足を外されたとしても、反対の足で内腿を押し、再度入れ直すことができちゃいます。

 

内腿は相手の足を広げてやるのが目的なので、股間とか膝よりも内腿が良いですね。

 

ただこれの繰り返しをずっとやるわけには行かないので相手もバックに引いた状態でなんとかしようとしてきます。

 

おっと時間がきた様なので今日はここまでかな(ユリオカ超特Q風)

またそれは明日にでも紹介しましょう。

 

今日は日曜日でしたが、市の柔道場を借りて、日本人の先輩と2人で練習していました。

延々とスパーリングの繰り返しだったのですが、普段の道場の、ガチガチムーチョスパーではなくて、技の確認をしながらだったので非常に有意義でしたね。

 

また明日も頑張れそうな気がします。