さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

初心者がまず覚えたいサイドポジションからのエスケープ

 

とにかくなんでもセミナーが大好きです!

 

 

なんで柔術ってこんなにセミナーやってんでしょうな。

試合が終わればセミナー。

DVDがでればセミナー。

来日すればセミナー。

 

まぁ怪しいビジネスセミナーと違って健全ですから!許してね。

 

 

では動画に行きます。

サイドコントロールされているところからです。

 

必ず両足を上げておいてください。

頭もマットにつかないようにしてくださいね。

ちょっとえらいですが我慢をお願いします。

 

次に自分の掌底を相手の骨盤に当て、肘をたたんで奥に入れます。

空いたスペースに自分の膝を入れます。

 

そこから反対の手を取られないように延ばさず、相手の首下を通すように下側に入れます。

ここの動きは難しいですが、盆踊りのように肘から先をうまく使って潜り込ませるようにお願いします。

 

脇を空けておくとそこに頭を入れられるのでしっかり脇は締めておくように。

 

ここからエビの動作に入っていくのですが、外側の足を膝先から回してさらに外側にだし、ベースを作ります。

しっかり膝を立ててくださいね。

そのまま腰を浮かしエビをします。

 

次に空いたスペースに膝をブチこむのですが、しっかり外側に開いた足で踏ん張って中に入れるようにしましょう。

 

そこから足と手を使って相手と距離をとることが大事です。

 

さらに相手と距離をとるために、腰を上げて足を相手の頭を跨いで、肩に当てます。

ここまでくると手を離すこともできますね。

 

相手の腰に当てていた足を反対の腰に当て、肩に当てていた足を回して戻すことでクローズドガードに戻すことができます。

 

この技は一度しっかり覚えるとず~っと使える技なので、体にしみ込むまで繰り返し練習しましょう。

やるときは意外と体力を消耗しますので、一発で極めてくださいね!