さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

テイクダウン 格闘技 - ブラジリアン柔術

 

ブラジル人なのにリフティングがヘタ!

 

 

練習の息抜きにたまにサッカーをしたりするのですが、ブラジル人でもサッカーヘタな人っているんだなぁ~と再確認しました。

 

では今日は珍しく立ち技です。よろしくお願いします。

テイクダウンですね。

 

まず相手の首の後ろを掴み、身体全体を抑え込みます。

しっかり膝を曲げてあまり前に突っ込まなに様に。

 

そうすると相手ももちろん立とうとするのですが、その時低姿勢であれば、相手を抑え込むポジションにつけることができます。

 

そのときは膝を相手の身体の中心線上に入れます。

相手が立とうとしてきたら、そのままタックルに行くのですが、腰を相手の身体近くまで押し込み、膝をついていない足は外側に出すようにします。

 

頭は掴まれないように相手の胸につけてください。相手につける頭と腰をしっかり固定すると、相手を頭で押し返すことができます。

 

必ず腰をしっかり相手の身体に密着させないとタックルを切られてしまう。

このタックルの場合はそのまま正面に捉えてそのまま倒すってやり方ですね。

 

身体を密着させたらそのままの勢いで、小股で素早く前進し倒しましょう。

 

私はよく相手の脇下に頭を突っ込んで、そうすると相手は横に逃げるのでそのままぐる~っと横回転させつつ、テイクダウンッ!というパターンが多いですね。

ただそのとき密着させているのは肩だけですね。

 

この先生のやり方も大事だと思うので練習に取り入れていきたいと思います。

 

タックルは結構奥が深いですね。

レスリングの選手の技術とは比べ物にならないのだろうな。

 

さーぁ、明日は金沢に出張です!美味しいもの食べれるかな?