さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

桑原幸一「アメイジング・ラペラーマン」

 

 

寝相が悪いのはわかるけど、なんで寝返りがエビなの?

 

 

皆さんも目が覚めた時に本能でエビとかやったりしませんでしょうか?

なぜかやってしまいますよね、布団の上で。

起きるときも柔術立ちとかしちゃったりして。。

 

 

こんにちわ!サンカクガードクンと申します。

よろしくお願いします。

 

今日はラペラーマンということでグラスコ柔術の代表の桑原幸一先生がラペラを使ったテクニックを集めた奴があるということで、その紹介がてら動画を見て行きます。

DVDとかは見つけられなかったですが、ネットとかで有料配信されている様です。

 

最初のコントはさておき、グラスコはセパレートと決まっているんですね。

俺もやろうかな。。。って全部道着は白しか持ってなーい。

 

ということで本題に入っていきますね!

相手が立っている状態、自分が座っている状態からスタートです。

よく自分が寝ている時からすっと起こした時にこの体勢になりますよね。

 

相手のラペラ・もしくは帯を対角の膝の裏に通します。

受け取った手を反対の手で逆手で受け渡しを行います。

 

次に自分が横に寝ながら、相手の両かかと、腰を抑えながら、後方に倒します。

 

腰を押した足を膝裏に入れ、ラペラを持った手を起点として回転しましょう。

ここではズボンにしっかり足を引っ掛けた状態にしてください。

 

自分の背が付いたら、ラペラ・帯を持っていた手を持ち替え、空いた手をズボンに持ち替え、股下に引き寄せながらバックをとります。

 

いわゆるベリンボロですね。このブログでは初めて出てきた技ですかね。

 

 

ベリンボロはいつ頃から使われている技なのかな?

2012年頃を超えたあたりからポツポツ新しい技というか技の流行りというのが見られる様になってきました。

 

柔術の中でも動きがあるんですね。

これからもまだまだ新しい技が開発されていくんでしょうね。

楽しみです。