さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

がぶりのエスケープからアームロック Arm lock from failed take down.

 

いくらなんでも会社の職場でセルフィーしてちゃダメだよ!

 

 

よくFacebookとかLINEにアップしてるのを見ますが、ダメですよ!

作業帽子とか設備、作っている部品で場所が特定されます!

どこの会社でも機密事項はあると思うので気をつけてくださいね。

 

では動画にいきます。

がぶりのエスケープからアームロックです。

がぶりの状態はおそらく肩から脇の下をロックされると思います。

 

これから、相手が腕を首にかけてる方に体を出します。

反対だと出にくいので注意!潰されていると出れないので上に上げます。

 

上げてから、首にかかっている腕をしっかりと掴み、足を外方向に出してください。

その時は真横に出してくださいね、斜め前に出しちゃうとそのままマウント取れられしまいます。真横にスライディングしてください。

 

頭でしっかり押さえ込んで、枕の様にするといいと思います。

そのままバックを取るのもいいですが、持っている腕で引っ掛けられてしまうので、両手で掴んで下に押し付けてやってください。

 

アームロックが決まるはずです。

前転して逃げられても上を取ることができます。

 

いやぁ、これもわかりやすい!

勇気を持ってスライディングするのがポイントでしょうか?

皆さんもやって見ましょう! 

 

あと、この道場、綺麗でいいな!