さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

マウントから林スペシャルへ

 

 

シャドーピッチングかと思ったら、帯叩きの練習ですか?

 

 

帯叩きの直前ってみんななぜか練習しますよね。

本当にピッチャーみたいに、何回も帯持ってシャドーピッチングしてます!

そんなに投球フォームを安定させなくてもいいのに。

 

では今日も柔術パラダイス☆シリーズですが、もう今回で最後かなーって思ってたら、まだまだ動画があることが発覚!

 

YouTubeであと9本くらいありました。まだちょっとありますね。

頑張って完走できる様に頑張ります。

よろしくお願いします!

 

先生は林俊介さんですが、私はよくわかってません。

 

GRABAKAだそうですが、最近あまり聞かないですね、今もあるんでしたっけ?

名前が変わったのかな?

 

ホント私は先生の名前とか強い柔術家とか知らんなぁー。このYouTubeに出てくる人しか本当に知らん気がする。

 

まぁとりあえず今回も使えそうな技をインプットしましょう!

 

最初ちょっと¥^:ー&%$って、言ってるのかわかんないところありますが、とにかくマウントをとって相手の上になっている手首を両手で捕まえます。

 

そうすると相手は得意のおぼっちゃまくん 寝姿ポーズで防御してきますね。

この時、腕十字をとる途中までの足の動きをして、そこでキープしてください。

 

具体的にいうと片膝を立てて、膝の内側と膝で相手を挟みます。

片膝を立てる時は相手の手首を引っ張りながらお願いしますね。

挟みこむ体勢は、しっかり足を開いてベースができる様に意識してください。

 

この体勢、バランス悪いんじゃないの?と思われるかもしれません。実は自分もそう思ってます。

でも意外とベースができてて安定しているらしい。

 

確かにこの動画で言ってる通り、普通のマウントポジションの方が安定は良くないでしょう。

 

すぐに下から、突っ張りみたいなのが両肩めがけて飛んでくるので処置するのが忙しいし、そうでなくても釣れたてのハマチみたいにピチピチしすぎで、人間ロデオか!?って思うこともしばしば。

 

この状態から腕の中に手を通し、帯を取ります。

 

帯が遠かったら、自分が相手の上に移動し、スペースを開けてください。

さらに相手の腕がコントロールされ、キツくなります。

 

そのまま帯を取ったら、ちょっと体を相手の下半身側に傾けて、相手を起こしてやると我慢できなくなってロックが外れて腕十字の完成です。

 

林スペシャルの状態にスムーズに移行できれば、通常のマウントからの腕十字よりもスキがなく、極めることができますね。

 

相手の帯をとるときに、間違えて股間を掴んで、○○スペシャルだ!

ってこんな自分技はいやだ!チーン!