さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックとゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

横三角絞めとそこからの脱出法

 

そのシェイカー、フタ開いてるけど大丈夫だったの?

 

プロテインを飲んでる人多いと思いますけど、良くあることです。柔術着、ラッシュガードがビチョっとなってしまって大変ナリ〜

 

さてさて今日も柔術パラダイス☆シリーズから、中井祐樹先生の動画で、横三角とそこからの脱出方法になります。

 

このシリーズでも度々中井先生が出演されてますが、この頃はもうゴルドーに失明された後何でしょうか。

動画では全然そんな風に見えませんが、本当にお気の毒というか。。残念ですね。

 

横三角は比較的相手のタックルを崩した時や相手が亀になった時に仕掛けます。

 

掛け方はいくつかありますが、やりやすい方法を一つ紹介します。

 

まず亀の状態から、相手の脇下に足をL字で入れる。

頭と腕の間から、相手の肩に膝を入れる。

相手の帯と肩を持って、自分ごと横に倒れさせる(脇をすくっても良い)

相手の奥側の腕を引っ張って三角を極める。

 

とこんな流れになります。

足を交差させると結構キツく入りますので、注意してくださいね。

 

で、その次は脱出方法です。

 

横三角が入ってしまったら、肩ブリッジをして相手を足で踏む方向に回転し、顔をまたぐに様に逃げると締めが外れます。

これは自分も良くやりますね。

 

さてさて今日はブラジリアン柔術をやってて良く聞かれる質問について答えたいと思います。

 

まず1回目の質問は

 

「ブラジリアン柔術やってるの?グレイシー?」

 

という質問です。

柔術ってやっぱりグレイシーだろ!?という固定観念なんですかねー。

 

確かにブラジリアン柔術とグレイシー柔術の違いって何か私も良くわかってませんが、すぐにグレイシーと結びつけるのはやめて頂きたい。。ような気がする。

 

確かに一般の人がイメージしやすいのってグレイシーなんだろねー。

イメージ映像が全部PRIDEとかなんだよなぁ。

 

でも今は少しイメージが変わってきてますねー。なんていうかモダン柔術って感じですか。

三角だ、腕十字だっていうのよりも、ポジショニング・動きに注目され、練習はもちろんですが、センスもだいぶ要求される時代(?)になってきてますよね。

 

私は昔ながらの柔術が好きです。。だってベリンボロとか難しいよ!偶然発動することはあっても狙ってはなかなかできません。

 

今となっては古風なグレイシー柔術もその流派の人たちは盛んなのでしょうか。

 

ちなみに私の流派は、バルボーザ柔術ですけどね。

 

どこでそれを感じるかというと、覚える技の特徴とかそんなんではなく、道場で売ってる道着のメーカがDRAGAO一択だということです。

 

いやまいったね、チーン!