さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックとゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

横三角絞め


 

こらそこ!バーベキューのトングをいつまでもカチカチしない!

 

なぜカチカチしてしまうんでしょう。おそらく「やってやるぞ!」「トウモロコシでもなんでもこい!」「10枚いっぺんにつかむぞ!」と言う気合の表れなんでしょうね。たぶんカチカチでパワーを貯めているのだと思います。

 

今日は青木真也先生の横三角絞めです。

 

皆さんもご存知のかたが多いと思いますが、青木先生は現在、ONE Championshipと言う総合格闘技団体で活躍してますね。

 

知人を通してですが、かなりの変人かつ天才だと伺っております。

 

メディアを通して見てもそれは伝わってきますが、とにかく常に闘いの中に身を置いている常人離れした強さを持った人なんでしょう。

 

これからも試合を続けて欲しいですね。

 

 

今回紹介する横三角絞めは、タックルを潰した時や亀の状態から仕掛けることが多いです。

 

まず自分の太腿を相手のマクラにして、反対の足を脇下から通して三角にとらえます。

 

その時は相手の腕をしっかり引きつけましょう。

 

この時点でももう極めることはできると思いますが、腕をキムラの様に曲げさせて極める方法もあります。

 

 その他にもこんなのもあります。

極めてからさらに相手の足を引き寄せて、隙間に頭を突っ込めば終わりです。

この技は流石にヤバい!

その他にもいろいろ極め方はありますが、初心者向きではないので割愛しますね。

 

 

この横三角絞めは、私も一度試合の決勝戦で極めた事があり、思い出深い技です。

 

三角絞めは自分の得意技であり、手足が長いことからも体に合っているのだと思う。

 

一度入ったら絶対にタップを取れる!と言う自信があります。

 

常にスパーリングでも狙う様にしていますが、流石に対策を取られてきてますのでもう一つくらい、技作っておかないとねー。

 

何がいいですかねぇ…、シンプルに腕十字がいいかな。三角とのフェイントにも使えるし。

 

皆さんはどんな必殺技を持ってますか?

 

最近、格闘技で社会貢献をされている人と知り合いました。

 

この方は、格闘技を通じて教育を考えており、かつ行動を起こされている熱血先生です。

 

メディアにも度々出られており、いじめ、引きこもり問題に対して自身の格闘技経験と信念を基に、真正面からぶつかって真剣勝負をしています。

 

これまで何となく柔術を続けてきましたが、道場にはキッズクラスもあります。少しずつですが、自分もそういった目で見ていけたらと思います。

 

大きなことは言えませんが、子供達を守りたい、将来道場の子供に対してそう思える人を育て、自分も社会貢献の一翼を担えたらと考えています。