さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックとゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

下からのスウィープ 其の弐

ウン!ドイス!トレース!までしか言えない!

 

そうです。もう何年もブラジル人と一緒に練習してきたにも関わらず、ポルトガル語が話せないのです。数字と挨拶程度ですね。

私も一度仕事でブラジルには行った事があるのですが、2週間くらいではなんともなりませんね。仕事ばかりで買い物や遊ぶ時間はなかったのですが、とにかくエキサイティングな国でした。とりあえずボニータ⁉︎くらいは女の子に言えるようにしておきましょうね。

 

この柔術パラダイス☆シリーズもいよいよ終盤となってきました。最初は10個くらいかなと思って気軽に始めてしまったのですが、意外と動画数が多くあり、なかなか他の動画に行けなくなってしまいました。でも中途半端にやめるのもなぁーと思いつつ紹介を続けてきました。

 

色々調べるとこのシリーズは歌手の池田聡さんのインターネット番組が元らしいですね。10年以上前に、柔術を元にする番組って、、、どんな!?って感じですが、人気というか視聴率というか。。。見てた人いるんでしょうか??

 

自分も柔術始めた頃は、YouTubeですが、よく見てたものでした。名だたる先生たちの説明がわかりやすいのと、池田さんとその弟子のリアクションが面白いのが良かったです。弟子の人は、確か芸人さんだったと思います。まだ活躍されているのでしょうか?

 

今日も高谷聡先生の下からのスウィープです。よろしくお願いします。

 

まずはガードの体勢からですが、相手を立たせた状態で片袖を両手で保持します。足裏で腰を抑えましょう。このまましばらく様子を見てから、起き上がり小法師の様に、起き上がります。

ここでのコツは相手と距離が離れすぎていると、起き上がっても相手の片足を股で挟めないので、相手のつま先がお尻付近まで来ているくらいまできていることを確認して下さい。

起き上がるときは手を股間付近まで下げて、相手の重心を前にかけさせます。そのまま片手を離して相手の足の外側から手を回して受け渡ししてキープ。

あとは潜るように相手の股の内側から腕を入れて、膝裏を抑えます。この体勢になれば自然と相手のバランスが崩れてきますのでスムーズに回転できるでしょう。

私も背が高い方なので、潜るのは苦手なのですが、しっかり動きの基本ができていればキレイに決まると思います。なかなか勢いが付かなくてショボーンとならないでね。

 

遠くから花火の音が聞こえてきました。

ではこの辺で、また明日。