さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックと自分が買ったり体験したことの紹介をしています

アキレス腱固めからのスウィープ

マウスピース、絶賛押し売り中!

 

たまに道場に職人さんがきてセールスをしています。頼んだことないけど、高いのかな?

 

さてさて今日は中井祐樹先生のアキレス腱固めからのスウィープです。

ただ思ってたスウィープとちょっと違いましたが、まぁ続けましょう。

 

草刈りのような状態で相手の足を抑え、倒した時にアキレス腱を取ることはよくやるみたいなのですが、取り切れない場合に相手の腕をひきながら、そのまま上を取ります。結果的にはスウィープという形にはなりますが、有効的ではありますね。

こういうアキレスで相手を倒すというシチュエーションはよくあるのですが、そのままアキレスに拘っていると潰されて終わっちゃうので、さっさと次のアクションに移った方がいいですね、私もそう思います。

 

道場にはどこで知ったのか誰が引っ張ってきたのか、色々ゲストみたいな人がくることがありますが、以前はレスリングの強化選手がきた事がありますね。

やはり体はものすごく出来ている方で、パワーが凄かったですね。私はビビってスパーリング出来なかったのですが、やっときゃ良かったなー。

 

着があるのとないのでは、動きが全然違うのでしょうが、もし機会があればタックルのやり方とかを聞いて見たいですね。

 

 

柔術の道場にはいろんな人がいます。私以外は基本的にブラジル人なのですが、彼らは本当に毎日が楽しそうです。ブラジル人コミュニティのなかで生活しているので、うまく日本語をしゃべれない人もいますが、みんな優しいですね。日本人の私なんかにも積極的に話しかけてくれます。仕事は何だ? どこに住んでる? ワールドカップはどうだ?とか。でもなかなかみんなの名前が覚えられない。。メモできればいいんだけどね。もう何年にもなるので今更名前聞けないし。。このなんとも言えない、フワっとした、一切の利害関係のない絶妙な関係がすごく楽に思えてきます。久しぶりに来たメンバーにも(いろんな理由があったにせよ)大歓迎な雰囲気で、これからもヌル~くやっていこうと思います。

 

今日もブログを見てくださってありがとうございます。自分がなぜこのブログを始めたかというと、簡単に言えば、技を忘れない、柔術を常に身近なものとして置いておきたいという感じです。これをやっていれば、柔術脳になれそうな気がしてて。

あとはカテゴリ別に分けているので、帯・昇段試験の時に、技の整理できてよいかなっと。そんな風に使ってもらえたらうれしいです。

みなさん、柔術の技は道場でしか使いませんよね。柔術の技自体、ストリートでもなかなか使えないと思います。相手は殴ったり、蹴ったりしてくると思うので。

ただ寝技に持ち込めばなんとかなるという変な自信があるのと、完全ビビリで何もできない状態で挑むのではかなり違ってくると思うので、結局はストリートでも役に立つと思います。

もちろんそんなことせずに平和的に解決されるのがベストなのですが。

 

柔術やっててよかった!ってことには、未だなったことがないです。もちろん健康維持だとか話のネタだとかにはなります。。みなさんももし道場以外で活用できた話があれば教えてください。

ありがとうございました。