さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックと自分が買ったり体験したことの紹介をしています

上半身を制す

雑な足関節は、見てるだけで良し!

 

いるんですね、足関節ばっかり狙う人。。。決まって弱い人だったりしますが。確かに手元に合って狙いやすいのですが、だいたいポイントがズレていて極まらない。。まぁ仕掛けてきた時に粘ってかわして、優位なポジションを確保しましょう!

 

さて今日は、上半身の制し方ということで植松直哉先生です。植松先生はどれだけこの動画に貢献しているのでしょうか。。すごいことです。

 

サイドポジションの時にキムラを狙うことってありますよね。その時私はよく極め切れずに体勢を入れ替えられることがあります。おそらく体の重心の位置がよくないのでしょうね。

 

そこで今回は、上半身を制するということで膝を立てて、膝とお腹で相手の頭を挟み込むという方法があります。この状態をキープして腕を極めましょう。もう一つは頭を跨いじゃうという方法です。これだと完璧に極まりますよね。

 

私はキムラをする時になぜか跨ごうとしたことがありません。よく見る技なのにね。跨ごうとした瞬間に狙われると思ってるのか、やっぱりバランスが良くないと思っているのか安全に寝たまま極めにいってしまいます。これでも失敗して逃げられるのですが。。

 

腕だけに神経が入っているとやられますので、全体として上半身を制する意識を持って極めにいきましょう!

 

 

さーて、みなさんも柔術をやっている人が多いとは思いますが、どんな道場に通ってますでしょうか?またはどんな道場に通いたいでしょう?中には大学などのサークルでやっている人もいるのではないでしょうか?

もちろん月謝や指導者、道場の綺麗さ、雰囲気とか好みがあるとは思いますが、結局は家から近いかどうか。。ではないでしょうか。

時間的にも精神的にも自分の負担にならない、すぐに・気軽に・何も気にせずに行けるというのが柔術の道場に長く通うコツなのかなと思います。ワイワイやっている道場もいいとは思いますが、気を使わず黙々と自分のペースで、終わったらすぐに帰るという環境もいいのではないでしょうか?

ちなみに私の道場は家から車で10分くらい。これくらいまでがベストかな。

 

昨日も練習だったのですが、昇段試験で合格した人に帯の黒いところにラインを先生が貼っていました。みんなの前で。ラインはテーピングを少し細めの幅にして巻くのですが、これはどこの道場も同じなのでしょうか?最初は縫い付けるもんだと思ってました。まぁ手間かかるから、やらないんでしょうね。

 

自分も黒帯目指して頑張ります!