さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックとゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

上半身を制す

雑な足関節は、見てるだけで良し!

 

いるんですね、足関節ばっかり狙う人。。。決まって弱い人だったりしますが。確かに手元に合って狙いやすいのですが、だいたいポイントがズレていて極まらない。。まぁ仕掛けてきた時に粘ってかわして、優位なポジションを確保しましょう!

 

さて今日は、上半身の制し方ということで植松直哉先生です。植松先生はどれだけこの動画に貢献しているのでしょうか。。すごいことです。

 

サイドポジションの時にキムラを狙うことってありますよね。その時私はよく極め切れずに体勢を入れ替えられることがあります。おそらく体の重心の位置がよくないのでしょうね。

 

そこで今回は、上半身を制するということで膝を立てて、膝とお腹で相手の頭を挟み込むという方法があります。この状態をキープして腕を極めましょう。もう一つは頭を跨いじゃうという方法です。これだと完璧に極まりますよね。

 

私はキムラをする時になぜか跨ごうとしたことがありません。よく見る技なのにね。跨ごうとした瞬間に狙われると思ってるのか、やっぱりバランスが良くないと思っているのか安全に寝たまま極めにいってしまいます。これでも失敗して逃げられるのですが。。

 

腕だけに神経が入っているとやられますので、全体として上半身を制する意識を持って極めにいきましょう!