さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックとゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

手首固め

お前の父さん、帯の位置が上すぎだぞ!

 

いやぁ、柔術始めた頃にあるんですよね。柔術はやっぱり帯が下にある方が似合いますよね。柔道とはちょっと違うかな。

 

今日は桑原幸一先生の手首固めです。グラスコってどういう意味なんでしょうか。かなりわかりやすい説明をいつもしていただける先生ですよね。桑原先生って今の動画では結構ふっくらされてますが、この頃はだいぶ痩せてますね。まぁいいか。

 

いわゆるモンジバカってやつですね。

相手に襟を持たれた状態で、右手で相手の甲をしっかり抑えます。このへんで相手はもう嫌な予感がしていると思います。

そして相手の肘を固定して、両手でゆっくり引くと手首固めの完成です。練習では素早くやらないようにしてください。相手の手首の骨が折れます。

三角の時のモンジバカもよくやりますね。

腕を曲げて防御されているときに、引き出す過程で少し外側に流しながら、手首を畳んで極めます。三角が極まりそうで極まらない時にはこの技によく移行します。

 

モンジバカは、上手い人とやると引き込み合戦とかさっきにみたいに防御で粘っているとやられちゃいますね。でもよくこの技で怪我をする話を聞きますので、気をつけてくださいね。