さよなら三角、またきてガード

初心者のための柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

ブラジリアン柔術テクニック 一番絞り 岡本裕士 Estrangulamento de Jiu-Jitsu "Ichiban Shibori" Yuji Okamoto

 

ベリンボロは日本語でタケコプターだよ!

 

 

うそつけっ!雰囲気でいうんじゃない、雰囲気で。

たしかに技も語源もプロペラが回っているイメージはあるけど。。。

ほんとのところどういう意味なんでしょうか??

 

 

では今日は一番絞りということでお願いします。

 

私はまだこの技をやったことがありませんが、身に着けたらどこでもつかえそうな気がするのでなんとか身に着けたいですね。

 

まずクロスニーパスガードをしてからですね。

相手の対角の襟を持ち、バランスを気を付けながら外側にする足をいったん後ろにさげて相手の足を超えます。

そのとき相手の膝を押さえながらやるとうまくいきやすいですね。

 

相手の足を超えたらそのまま内ももで挟み込むと同時にスライディングするイメージでクロスニーをします。

 

先生のは飛び乗るって感じですね。

 

足を抜かずにそのままの状態で片方の手で襟を広げ、相手の首の横の襟を持つようにしましょう。

思い切り握るのではなく軽くでいいみたい。

 

それから外側の足を相手の脇腹の横に差し込んで反対の足を延ばしておきます。

やる前には襟を持っていない手で相手の腕の位置を上にずらして脇腹横のスペースを空けておきましょう。

 

ここから締めるのですが、襟をもっている手の親指の付け根のところが首の前にくるようにします。

 

次に相手を起こして、背骨のラインで帯を持ち引き付けて、自分の脇で相手の首の後ろを挟み込みます。

このまま前に倒れこんでいき、襟を持っている手をあげていくとチョークが決まります。

 

 締めあげる手はビール瓶の栓抜きをイメージするとわかいやすいかもしれないです!!

 

このときに難しそうなのは、脇腹に膝を当てられるのを相手に邪魔される、と思うのでしっかり腕をどけることが大事ですね。

 

膝を当てたあとはバランスを崩さないように床に手をついておきましょう。

 

ではありがとうございました!また明日!