さよなら三角、またきてガード

初心者のためのおすすめ柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

デラヒーバにはこれでパスガード! ルーカス・レプリ先生

 

クローズドガードで思いっきり締めて、オシッコ我慢するのやめてくださる?

 

 

こういうときはいつもより締めの力が強いとか。。

三角締めばかり狙うとか。。。

そんなときはご用心。。

 

 

ということで気を取り直して、今日も動画を紹介したいと思います。

宜しくお願いします!

 

先日も動画を使わせていただいたルーカス・レプリ先生ですね。

ニースライスというパスガードです。

OSS!

 

 

まずは相手にデラヒーバをやられている状態。

足をフックされている側の手で相手の襟をとり、しっかりベースを作ります。

 

このとき肘でフックしている足にもプレッシャーを掛けて緩めておきます。

 

次に腰に当てられているであろう足のスネの部分を掴んでおきましょう。

下に押し付けて外れた瞬間にサイドにステップし、相手の膝をマットにつける。

 

しっかり脇を締めて肘で相手にプレッシャーをかけてください。

開けておくと相手に脇を差されます。

 

このまま自分の上半身を相手に乗せると、相手も肩などを押してガードしてくると思います。

 

相手の伸ばしてきた腕の肘をつかみ、引きつけながら自分の膝をマットにつける。

 

あまり相手の膝の上をスライドさせることを意識してしまうと相手との距離が遠くなってしまうため、足を間に入れられてガードに戻されてしまう可能性があります。

 

なので体全体をしっかり前に移動して、膝が上から乗り越える感じで相手の腰横くらいまで伸ばしてマットにつけてください。

 

膝がついたらそこを支点に、サイドに周りつつ足を移動させます。

外側の足は伸ばしてバランスを取っておきましょう。

 

 

ただし、相手の膝をマットに着けさせたところで相手に強く押されて反対の膝を間に入れられる。。。なんてこともよくありますよね。

 

そのときは相手の胸を押しながら外側に足を引きつけて伸ばし、相手の背中が着くように肘も引っ張りましょう。

 

自分の体を相手の真上に移動させるイメージ。

起こすと相手との間に入れられていた膝が開きますので、その間に自分の肘をねじ込む。

 

この状態で再度相手の足を乗り越えていってください。

横ではなくて前に移動するイメージでお願いします。

 

 

はい! どうだったですか?

今日はデラヒーバをやられたときに、肘をつけて膝を乗り越えるパスを紹介しました。

 

相手がデラヒーバをやってきたときはまずこの技を思い出してほしいですね。

 

襟を持つ手の絞り具合がポイントになります。

ぜひ道場の練習で試してみてください。

 

 

さて今日も家族と飲み屋の店員にだけ強く出るでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりTwitterにてDMが届いておりますのでご紹介したいと思います。

 

 

極めというものは、

他人の苦痛自体を目的とするものにあらずして、

われわれ自身の享楽を目的とする。

 

白帯ニーチョ #タップが消極的

 

そういう考えもあるかもしれませんが、やらないとやられますからね。

先生、タップははっきりしましょうね。微妙なやつは嫌われる。

 

では明日からまた仕事頑張っていきましょう。

全力!脱力柔術~!

 

 

ボウアンドアローチョークのエスケープ ~初心者がバックを取られたらまずこれをしましょう~

 

膝十字が極まんなくて、足の裏をくすぐる人初めて見た!

 

 

他にやることあるでしょ!と思いつつ、もう諦めてる感ありますね。

思わず笑ってしまいました。

 

 

今日はバックからの絞め技のエスケープ方法を紹介したいと思います。

 

まず相手にバックを取られたときにおそらくシートベルトのように抱かれて、両足をフックされていると思います。

 

ここから絞め手で襟を取られて、片足フックを外し、腰の位置をずらして相手の足を持つ。

 

そこから胸を張って後ろに重心を移せば、ボウアンドアローチョーク(弓矢絞め)になります。

 

 

ではこの絞め技をディフェンスを紹介していきますね。

 

まず一番にやること!

相手に襟を持たれた腕を両手で引っ張ります。

 

やり方は、相手の肩と肘の真ん中くらいの位置と相手の肘と手首の真ん中の位置をそれぞれ持って引き出してやりましょう。

自分の肩に押し当てるイメージがいいと思います。

 

よく相手の腕を直接下げようと肘と手首の間付近を直接手で下げようとする人もいますが、これは力が入りにくいのでおすすめしません。

 

まずこの相手の腕を引き出すことをやって、ある程度時間が稼げますので、ここから脱出していきましょう。

 

 

では次に相手に締め手を取られて、膝も掴まれている場合。

 

そのときは相手の手首をとって、膝を一旦上げてキックして伸ばすようにすると簡単にグリップを切ることができます。

 

グリップが切れれば、すばやく前に向き直してバックからクロスガードポジションに戻すことができます。

 

 

今後は膝をすくわれていてグリップを切れない場合。。

 

そんなときは、相手が締めようとエビをして後ろに倒れたときに、両手で相手の肘を持って頭を後ろに抜いてやります。

 

このとき自分の腰を少し上げて抜くと、体全体が下に移動して抜きやすいです。

 

また外側の足裏がマットに着くことになるので、すぐに上のポジションも取りやすくなりますね。

 

 

はい、今日はバックからのボウアンドアローチョークのディフェンス方法を3つ紹介しました。

 

①相手の腕を両腕で自分の肩に押し当てること!

②相手の足のグリップを、手首をもってキックして切ること!

③極まりそうになったら、相手の肘を両手でもって頭を抜くこと!

 

です。

バックを取られたら、まずは①をやって絞めが極まらない状態にしておきましょうね。

 

 

 では今日も、独り言が多くて周りの人が反応しづらいでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりTwitterにてDMが送られてきましたのでご紹介します。

 

テクニック指導を考え過ぎたことは

すべて問題になる。

 

白帯ニーチョ #ノープラン柔術

 

 

まぁ先生のいうことはあれこれ考えずに素直にやってみる!ってのがいいかもね。

後からこういうことだったのか!って気づくことも多いです。

 

今日はいい天気ですね。

みなさん、何をして過ごされますか?

 

自分は今日はのんびり家でゲーム・読書でもしようと思います。

でわでわ、全力!脱力柔術~!

バラトプラッタで攻撃のパターンを増やしましょう 〜初心者でも使いやすい技です〜

 

柔術やってると言ったときの、一般人の興味のなさ!

 

 

いやぁ、リアクションに困っているんでしょうねぇ。

 

「ん?柔術ってなんだっけ?」「グレイシー?」

 

って心の中で思っているんだとは思いますが、「何それ?知らない」とも言えず、「うん。んんん。」っていう反応になっちゃうのかな。

 

いつかメジャーになるときがくるといいですねぇ。

 

 

ということで今日も動画です。

 

今日はハファエル・フレイタス先生のバラトプラタですね。

一番下に先生のアマゾンでもDVDを紹介させていただいていますので、よかったら見てください。

 

この技はちょっと前にも別パターンで紹介させていただきましたが、なかなか使える技で、私もスパーリングで好んで使うようになりました。

 

道場にはあまり狙って使っている人はいないので、しばらくは三角、腕十字、バラトプラタで攻めて行こうと思います。

 

 

今回はオモプラッタを狙ったときにうまく掛けられなくて、バラトプラタに移行するという流れで紹介します。

 

まずはオモプラッタですが、クローズドガードから相手の腕をマットに付かせてから、エビをして相手の腕を伸ばさせる。

 

次に相手の腰を蹴って、体の向きを変えてオモプラッタの体勢に入ります。

 

でも技が緩かったために、腕は十分極められず、反対に膝を抱かれてしまう。

 

 

この時は起き上がれないにしろ、相手の腰はしっかり掴んでおいてください。

この状態ではオモプラッタにもいけず、三角締めにも行くことができません。

 

 

ただし足は相手の頭に掛けて、しっかり体重を乗せて相手が起き上がって潰してこないようにしておきましょう。

 

このまま相手の腕をとり、反対の手で手首もコントロールする。

 

ここから素早く足を広げて、相手の手首を押し入れて股下に入れる。

続けて素早く再度相手の頭に足をフックすること。

 

相手の腰を蹴って、自分の体を相手と平行にしながら相手の肩を極めてください。

 

 

さてどうだったでしょうか?

今回も実践に使える技だと思います。

 

ただし一連の動作にはスピードが求められるので、素早く正確にできるようにしておきましょう。

相手に起き上がってこられないようにしっかり足のプレスも忘れずに!

 

 

では今日もバレンタインを忘れたフリをしているのがかえって惨めさを倍増でお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりTwitterにて何度もリツイートされているコメントがありますので紹介したいと思います。

 

 

どちらも相手を通して、

自分個人の目標を何か

達成しようとするような師弟関係はうまくいく。

例えば先生が生徒によって有名になろうとし、

生徒が先生を通して

強くなろうとするような場合である。

 

白帯ニーチョ #とにかく教えたがり

 

 

いいコメントですね、先生!

でもこんなこと考えない自然な師弟関係もいいと思いますよ!

 

でわでわまた明日〜!

全力!脱力柔術〜!

 

 

 

ニーカットパスガード! 忍者のイメージでやってみましょう。

 

試合会場に行くと、まずトロフィー、盾、賞品をチェックする!

 

 

いや、やりますよ。ほんと。

優勝できると思ってないですが、やはりモチベーションはあがりますよね。

 

 

では今日も早速動画のチェックをやっていきましょう。

今日は、ハイレベルパスガードってなってますねぇ。恐ろしいですぅ。

 

まず相手にスパイラルガード(リバースデラヒーバ)をされている状態からスタートです。

 

こちらは相手の胸元の襟を持ちます。

この状態から、足を開き、内側の膝に足と手でプレッシャーをかけましょう。

 

次に膝に体重をかけてから後ろに下げると足のフックが外れやすく、こちらの膝を畳んで横にスライドさせてサイドに回ります。

 

ここで相手も肩を押してディフェンスをしてくるので、自分の肘で相手の両膝をマットに押し付けます。

 

そのまま足をステップして、逆サイドに回り、ニーオンベリーの体勢にします。

 

相手にエビをされてスペースを作られたら、相手の横腹に頭を当てて再度逆に回りサイドポジションを取ります。

このときも足をしっかり上から抑えて、動きを殺しておくようにしてくださいね。

 

 

ポイントは相手が守った瞬間に次へ次へと技を変化させていくことですね。

常に相手の動きを予測していないと難しいので、よく相手の動きをみるようにしましょう。

 

 

いやぁ、今日も寒かった。

もう2月の中旬なのでもう雪は降らないかな。

 

みなさん体調崩さずに、仕事も頑張っていきましょう。

 

では今日も、中学時代は引きこもり&立てこもりでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりTwitterにてDM入ってたので紹介したいと思います。

 

 

いったん極まった技に関して頑張る人は多い。

極ったことがない技に関してそうする人は少ない。

 

白帯ニーチョ #ストロングスタイル

 

新しい技もちゃんと練習してくださいね!

 

クロスガードと腕十字だけでは勝てませんよ!先生っ!

 

ということで柔術クラシックスタイルのニーチョ先生から新技の勉強を強制されたのでまた今度は新しい技をやってみようかなぁ。

 

 

ではまた明日!

全力!脱力柔術~!

スパイダーガードからレッグドラッグパスガードを極めてやる! 

 

練習に飽きるとすぐにムエタイの練習をする!

 

 

ブラジル人はムエタイも大好きですからね!

なぜか柔術道場なのにグローブやミットも置いてあって、たまに柔術の練習に取り入れたりもします。

 

首相撲からの膝蹴りなど、けっこうコツがあって難しく感じました。

柔術以上に汗がでて、いいストレス解消になりますね!

 

 

では今日も動画をやっていきます。

 

アサダトシオ先生ですね、日系ブラジル人かな。

うちの道場の先生よりもだいぶ日本語が上手だ!

 

今日はスパイダーガードからレッグドラッグパスをやっていきます。

宜しくおねがいします。

 

相手にスパイダーガードをやられている状態で、ここからパスしていきますね。

 

まず片方のスパイダーガードを解除していきましょう。

通常スパイダーガードをやれているときは手が足の外側に出ていると思いますが、それを手前から手を回して内側に入れてやります。

 

そうすると足のプレッシャーが弱くなるので、膝裏に自分の膝を当てる。

このとき反対の足は少し後ろに引いておきましょう。

 

前もって少し肩の位置を下げておくと膝を入れやすいかな。

 

膝を入れたら、背筋を使って相手のグリップを外しましょう。

体全体を伸ばしておきましょうね。

 

その体を伸ばす勢いで相手の裾をもっている手を入れ替えます。

このときも手前側から手を入れて、順手で裾を握ります。

 

膝を入れるところから裾を持ち帰るところまでは一連の動作としてすばやくお願いします。

 

 

この状態で相手がエビ等をしてこなかった場合は、そのまま相手の片側の裾と袖を持って、広げて引きつけニーオンにも行けると思います。

 

 

相手がエビをしてディフェンスをしてきた場合、空いている手で近づいてきた相手の襟を持ちましょう。

 

この状態から、襟を持っている側の足を相手の両足の下、対角の腰の横まで入れて座ります。

 

このとき相手の体と垂直になるようにすること。

 

次に相手の持っている裾を伸ばして、足を切り替えて上の膝を相手の股の間に入れる。

入れたら、そのまま体を起こして相手の腰を上から潰します。

 

そのまま相手の枕をとり、横に回ってパスガードの完成です。

相手が回転して逃げようとしたら、そのままバックをとることもできますね。

 

 

スパイダーガードはよくあるシチュエーションなので、この技をトライする機会は多そうです。

 

・スパイダーのグリップを切って、裾を持ち換えすること。

 

・襟を持って寝てから、相手の足をコントロールしながら、腰を切って相手の股に膝を入れ体を起こすこと。

 

上記の2つをすばやくやることでこの技が成立すると思います。

 

練習あるのみ。

打ち込みだけではなくて、実践で使ってみましょう。

 

 

さーて、そういうわけで今日も動画終わり。

今日は練習もあってヘトヘトになりながら、ブログ書いてます。

早く週末にならんかな~。

 

 

っということで、今日も自己評価と他人からの評価がここまで違う人も珍しいでお馴染みの我らが道場主、ニーチョ先生よりTwitterで何回もリツイートされているお言葉がありますので紹介したいと思います。

 

 

パスガードで狙われる危険が最も多いのは、

ちょうど一つの足を超えた時である。

 

ー白帯ニーチョ #女の子相互フォロー ー

 

片足超えたと思っても、そこからが勝負ですね!

Twitterは女の子の写真でも中身はきっとバイナリーアフェリで稼ぎたいオッサンばかりだよ。

 

それではみなさんは騙されないように~!

全力!脱力柔術~!