さよなら三角、またきてガード

シンプルな柔術のテクニックと自分が買ったり体験したことの紹介をしています

腕十字

 

ズボンが破れていると余計に破りたくなる!

 

何年も使っていると柔術着って破れるんです。破れたら指が入って怪我をすることもあるので、早目に買い換えてね!

 

さて今日も青木真也先生で、動画は腕十字です!

はりきっていきましょう!

 

腕十字っても、皆さん「知ってるよ、簡単〜」と思っている人多いんじゃないでしょうか?

 

なので特に道場でもテクニックとして練習することは少ないのかもしれませんが、結構適当にやってる人多いので、復習の意味も込めてやってみましょう!

 

腕十字の中で一番大事なのは、★必ず股をギュっとして、両腕ごと挟み込んでください。

 

この時、両腕で相手の極める方の反対側の肘を両手で引っ張ってくださいね。

脚は先生のようにクロスさせときましょう。

 

ここでグッと挟み込んで置くと、もう相手からするとヤバいです。

昔同じ道場の先輩が、腕十字は本当は脚だけでも極められるよ!って言っていたのが、良くわかりました。

 

嫌な予感がプンプンすると思います。

 

腕で決めるときは相手の親指を持って、極めると自然に相手の親指が上にきて極まりやすくなりますね。

 

この状態だと相手の腕が浮き上がってますね。極め幅が広く取れていると思います。

 

これも先ほどのしっかり両足で挟み込みというのがあればこそ生きてきますね。

 

もしクラッチされたとしても、両腕ガチンコで締めつけることで相手は自然とクラッチが弱くなってくるので極めることができます。

 

くれぐれも両脚でのハサミをしっかりとお願いします、ということです。

 

さてさて今日もブラジリアン柔術をやってて良く聞かれる質問に答えていきたいと思います。

 

第2回ということで・・・

 

「ブラジリアン柔術やってるけど、一体何を目指してんの?」

 

知るかっ!特に何も目指してへんわ!というのが正直な答えですが、それだけだと面白くないので。。

 

やっぱりいろんな人がいると思います。

 

 ①純粋に強くなって試合とかにも出て、格闘家を目指している人。

 ②自分のペースでやって、ひとまず健康維持をしておこうと言う人(これが一番多いかな)。

 ③喧嘩が強くなって、オヤジ狩りにあっても反撃できるようにしておこうと言う人。

 ④単純な暇つぶし。ネタになるから。ブラジル人面白いし。

 

とまぁ様々。

 

私も結局、健康維持でやってる感じです。

でもそんなの他にもいっぱいあるけどー、って言われたらその通り。

 

もう少し深く考えると。。

 

なんかこのまま会社と家の往復でいいのか!?、なんかしておかないと後悔するんじゃないか?

自分は何か好きなんだ? そう言えば格闘技が好きだな。

 

でも打撃はヤダ。痛いし。 ちょっとネットで調べたら、ブラジリアン柔術があるぞ。

良く調べたら家の近くにある!

 

っと言う思いから、柔術を始めました。深く考えても単純ですね。

 

でも、なかなか行動に表していくのは難しいですけどね、なんでも第一歩は。

 

自分は最近何か一歩踏み出させただろうか。。

 

あっそう言えば、パソコン買ったな。。ってそんなん違うっ!チーン!

横三角絞めとそこからの脱出法

 

そのシェイカー、フタ開いてるけど大丈夫だったの?

 

プロテインを飲んでる人多いと思いますけど、良くあることです。柔術着、ラッシュガードがビチョっとなってしまって大変ナリ〜

 

さてさて今日も柔術パラダイス☆シリーズから、中井祐樹先生の動画で、横三角とそこからの脱出方法になります。

 

このシリーズでも度々中井先生が出演されてますが、この頃はもうゴルドーに失明された後何でしょうか。

動画では全然そんな風に見えませんが、本当にお気の毒というか。。残念ですね。

 

横三角は比較的相手のタックルを崩した時や相手が亀になった時に仕掛けます。

 

掛け方はいくつかありますが、やりやすい方法を一つ紹介します。

 

まず亀の状態から、相手の脇下に足をL字で入れる。

頭と腕の間から、相手の肩に膝を入れる。

相手の帯と肩を持って、自分ごと横に倒れさせる(脇をすくっても良い)

相手の奥側の腕を引っ張って三角を極める。

 

とこんな流れになります。

足を交差させると結構キツく入りますので、注意してくださいね。

 

で、その次は脱出方法です。

 

横三角が入ってしまったら、肩ブリッジをして相手を足で踏む方向に回転し、顔をまたぐに様に逃げると締めが外れます。

これは自分も良くやりますね。

 

さてさて今日はブラジリアン柔術をやってて良く聞かれる質問について答えたいと思います。

 

まず1回目の質問は

 

「ブラジリアン柔術やってるの?グレイシー?」

 

という質問です。

柔術ってやっぱりグレイシーだろ!?という固定観念なんですかねー。

 

確かにブラジリアン柔術とグレイシー柔術の違いって何か私も良くわかってませんが、すぐにグレイシーと結びつけるのはやめて頂きたい。。ような気がする。

 

確かに一般の人がイメージしやすいのってグレイシーなんだろねー。

イメージ映像が全部PRIDEとかなんだよなぁ。

 

でも今は少しイメージが変わってきてますねー。なんていうかモダン柔術って感じですか。

三角だ、腕十字だっていうのよりも、ポジショニング・動きに注目され、練習はもちろんですが、センスもだいぶ要求される時代(?)になってきてますよね。

 

私は昔ながらの柔術が好きです。。だってベリンボロとか難しいよ!偶然発動することはあっても狙ってはなかなかできません。

 

今となっては古風なグレイシー柔術もその流派の人たちは盛んなのでしょうか。

 

ちなみに私の流派は、バルボーザ柔術ですけどね。

 

どこでそれを感じるかというと、覚える技の特徴とかそんなんではなく、道場で売ってる道着のメーカがDRAGAO一択だということです。

 

いやまいったね、チーン!

横三角絞め


 

こらそこ!バーベキューのトングをいつまでもカチカチしない!

 

なぜカチカチしてしまうんでしょう。おそらく「やってやるぞ!」「トウモロコシでもなんでもこい!」「10枚いっぺんにつかむぞ!」と言う気合の表れなんでしょうね。たぶんカチカチでパワーを貯めているのだと思います。

 

今日は青木真也先生の横三角絞めです。

 

皆さんもご存知のかたが多いと思いますが、青木先生は現在、ONE Championshipと言う総合格闘技団体で活躍してますね。

 

知人を通してですが、かなりの変人かつ天才だと伺っております。

 

メディアを通して見てもそれは伝わってきますが、とにかく常に闘いの中に身を置いている常人離れした強さを持った人なんでしょう。

 

これからも試合を続けて欲しいですね。

 

 

今回紹介する横三角絞めは、タックルを潰した時や亀の状態から仕掛けることが多いです。

 

まず自分の太腿を相手のマクラにして、反対の足を脇下から通して三角にとらえます。

 

その時は相手の腕をしっかり引きつけましょう。

 

この時点でももう極めることはできると思いますが、腕をキムラの様に曲げさせて極める方法もあります。

 

 その他にもこんなのもあります。

極めてからさらに相手の足を引き寄せて、隙間に頭を突っ込めば終わりです。

この技は流石にヤバい!

その他にもいろいろ極め方はありますが、初心者向きではないので割愛しますね。

 

 

この横三角絞めは、私も一度試合の決勝戦で極めた事があり、思い出深い技です。

 

三角絞めは自分の得意技であり、手足が長いことからも体に合っているのだと思う。

 

一度入ったら絶対にタップを取れる!と言う自信があります。

 

常にスパーリングでも狙う様にしていますが、流石に対策を取られてきてますのでもう一つくらい、技作っておかないとねー。

 

何がいいですかねぇ…、シンプルに腕十字がいいかな。三角とのフェイントにも使えるし。

 

皆さんはどんな必殺技を持ってますか?

 

最近、格闘技で社会貢献をされている人と知り合いました。

 

この方は、格闘技を通じて教育を考えており、かつ行動を起こされている熱血先生です。

 

メディアにも度々出られており、いじめ、引きこもり問題に対して自身の格闘技経験と信念を基に、真正面からぶつかって真剣勝負をしています。

 

これまで何となく柔術を続けてきましたが、道場にはキッズクラスもあります。少しずつですが、自分もそういった目で見ていけたらと思います。

 

大きなことは言えませんが、子供達を守りたい、将来道場の子供に対してそう思える人を育て、自分も社会貢献の一翼を担えたらと考えています。

スパイラルガードからのカウンター

なんかこの道場の周り、ノラ猫が多いね!

 

これはうちの道場だけかもしれませんが、ネコチャンが多いのです。何か持ってるのかもしれませんねぇ…。

 

はい!サンカクガードクンと申します!今日もね、初心者に為になりそうな動画を紹介したいと思います。宜しくお願いします!

 

今日の動画は佐々幸範先生のスパイラルからのカウンターです。

 

佐々先生と言えばおなじみの佐々スイープがありますが、同じような潜り系ですね。潜る時の身体の使い方がピカイチなんでしょう。

私は身体も大きく硬いので、全然うまく潜れません!

 

先生の本を盾と矛の両方を持ってまして、非常にわかりやすく理論的です。

 

今は新品では買えなさそうですが、中古本で出回ってますので、もし良かったらどうぞ。ちょっと高くなってます。

 

スパイラルガードはたまにデラヒーバと間違えている人がいますが、デラヒーバは外側で、スパイラルは内側から巻き付ける技になります。

 

巻き付けるときはつま先まで巻きつけている意識を持つようにお願いしますね。

 

手はカカト、空いている足は相手の腰を押して簡単に回り込めないようにコントロールしましょう。

 

この技はかけた瞬間が大事で、すぐに相手は回り込んできます。

 

そこではこの足の動きでなんとか抑えるのですが、どうしても膝をたたまれてニーパスされてしまう場合もありがちです。

 

そこで今回のポイントですが、膝を押し付けてきた時に体を回転させ相手を前に押し出させます。

完全に潰される前にしなければいけなくて、このタイミングが最初は難しいのですが練習で何度もやっていると段々とわかってきます。

 

あくまでも強引に行くのではなくて、相手の押し込んでくる力を使って前に押し出させて下さいね。

 

体をうまく回転させると、相手が手をつくのでそのままバックを取って完成です。

 

そのほかのやり方としては、手を相手の股の内側に入れてそのまま押し出す方法もあります。

これは相手がしっかりベースを作って来た場合に有効です。

 

どうしても相手は転ばないように踏ん張ろうとするので、前に押し出される格好になるんですね。

 

どちらかと言えば後者の方がやりやすいかな。

 

スパイラルガードは、パスガードされそうになった時に踏ん張るとなる事があります。

相手はすぐ足を開いてしゃがみ、ベースを作ってくるのでその前に仕掛けましょう!

 

ぜひ練習で使ってみてください!

デラヒーバ

夜勤があって隔週しか参加できない!

 

これもブラジリアン柔術によくあるあるあるですよね。うちの先生も二人おり、隔週で交代しています。

 

今日は早川光由先生でデラヒーバガードです。

 

立ち姿勢に対してのガードを紹介します。

相手の袖口を対角線の手でしっかり持ちます。反対の手は相手のカカトを持ちましょう。持つ手は引っ掛ける様にしてください(フック船長の様)。

両足は相手の腰をハの字で蹴る様にし、コントロールしましょう。

 

この状態からデラヒーバに行くのですが、遠い方の足はそのまま腰を抑えつつ、反対側の足は、自分のお尻を持ち上げて外側から相手の股に引っ掛けます。この時に、相手が正面にいると足が入らないので、★自分の肩をブリッジして思いっきり足を入れてやります。この時の外らせ方はやり過ぎだっ!、本物のエビかっ!と言われるまでやってください。

それから、足を棒の様に意識しながら、自分の腰を落とすと相手はグイっと引っ張れててベースが保てなくなります。

そのまま後ろから足を入れフック、足を持っていた手を反対側の足のズボンを持つ、袖口を持っていた手は帯を持つ。そうすると自分の腰を内側に入れ、相手をしゃがませる。そのまま足を伸ばしてバックへ。。という流れです。

最後の方は順番間違えない様にお願いします。

 

この技のデラヒーバとはブラジル人柔術家の名前で、その方が発明した技だそうです。非常に実力者であり、グレイシー一族との戦いも多くありました。日本でも馴染みがあり、定期的に来日し、自分の名前のついたデラヒーバカップを開催しております。

こう言った日本によくきてくれるブラジル人は他にもたくさんいて、日本の柔術の為に貢献いただいており、非常にありがたいことです。弟子も沢山いるんでしょうね。来日したら、各道場に行って、日本の会員さんたちがおもてなしするのでしょう(と勝手に思っている)。

 

いったい今、日本には、柔術家はなん人くらいいるのでしょうか?推定では2万〜3万人と言われておりますね。単純計算で、一県に400人〜600人くらいいるのかぁ。。自分の県だと、道場が15箇所くらいあって30人くらいだとするとそんなもんかなぁ、って感じ。まぁ街歩いててもわかんないんで、だいたいですけどね。

ブラジリアン柔術は、ある意味敷居が低いので、幽霊柔術家も多い気がします。自分の周りにも沢山います!

個人的な意見として、いつでも辞めれるし、いつでも復帰できる、何歳からでもスタートできる、何歳まででもやり続けられる。。そんなスポーツってなかなかないでしょう!?コンタクトスポーツですが、柔道とかと比べて、怪我も少ないと思うしね!これってやっぱり相手を思いやる気持ちが大事だからじゃないでしょうか。