さよなら三角、またきてガード

初心者のためのおすすめ柔術テクニック動画とゆかいなブラジル人との交流を紹介しています

柔術でもグラップリングでも使えるパスガード集

 

なんだかんだで身軽なデブが最強!

 

 

スパーリングでは体重とかあまり関係なくやるのですが、やっぱり体重が重いと何をするにもパワーを使いますね。

それでいて積極的に動けるやつだと手がつけられません。

 

頭の中は、とにかく下にならないように。。という感じでどうしても守りに入っちゃうのがまたいけないんだろうなぁ。

 

 

今日はパスガードの詰め合わせです😄

動画によると道着を着ていてもどっちでも使えるそうなので、このブログでも紹介したいと思います。

よろしくお願いします。

 

まずはクローズドガードからのパスガードからですね。

 

まずはしっかりベースを作りましょう。

相手の上腕二頭筋をしっかり抑えて自分の両肘をマットにつける。

 

そのまま片足を開いて腰を起こしましょう。もう片方の足は膝をついたまま。

足を開いた側の手で相手の腰を抑え、肘を使って相手のガードを内腿に当てて解除しましょう。

 

ガードが解除されたら、肘を下げつつ膝を立てて、相手の太ももの上に乗っかります。

そのあとは相手を枕を取りつつ、脇を差して相手の首後ろでロックにいきます。

 

そこで一回ベースを作って、手を後ろに回し肘で相手の足をすくい上げます。

そこから膝を支点に足を抜いて、そのまま相手の足を押し出して相手を反対側に向けてください。

最後はしっかり足を開いてバランスを保ちましょう。

 

 

次は別バージョン。

基本の相手のみぞおち辺りの襟をとり、腰を抑えます。

そこから後ろに下がり、相手のガードを解除する。

 

膝を立て相手の股の間に入れて、コンバットベースの状態。

そこからインサイドに膝を入れる。

 

外側の足も跨いで乗り越え伸ばしてバランスをとっておき、膝の足首は相手の膝裏にフックしておく。

 

脇を差して相手の肘を引き上げ相手の背中をつけさせる。

足を抜いてサイドポジションの完成ですね。

 

 

次はオープンガードからのパスになります。

相手の足首を手で解除して足を一つ超えてからのパスガードを紹介します。

 

自分の股下にある相手の足を、自分の足を後ろに流しつつ乗り越えます。

自分のお腹に膝を当てられますが、自分の腰を浮かし相手の膝を流して、相手の横に自分の膝をつけてパスガードします。

 

常に相手にプレスすることを忘れないようにしてください。

 

 

次は立って状態からのパスガードです。

まずは自分の足を一旦引いて、相手の片足を跨ぎます。

 

相手の腰に手を当てて、もう片方の手で足を少し押し下げて、スライディングするような形で相手の膝を超えていきます。

 

最後はいつものように脇を指して肘を引き上げてくださいね。

 

 

次はトレンドロパスというのを紹介します。

 

同じく相手の片足を跨いだ状態で、相手の腰を手で押し、膝の外側を持つ。

相手の膝を後ろに流すと同時に跨ぐ自分の足を大きく後ろに下げて足を乗り越え、相手に膝をつける。

 

 

最後に相手と距離を取った状態からのパスガードです。

相手の膝や足首を持って相手に押し付けます。

 

そうすると相手も耐えて押し返してきますので、その力を使ってレッグドラッグのように足を引きつけます。

 

内側の手は相手の足首を、外側の手は膝を抑えましょう。

足は開いておいて相手の足をお腹と膝で挟むようにしてください。

 

相手の足首を持ったまま膝を外側に開き、相手の膝の上に乗せる。

 

自分の膝がマットについたら足首を離し、相手の首を抱えます。

 

 

はい、どうだったでしょうか?

パスのやり方は何パターンもあると思いますが、自分にあったパスを見つけて練習するのが上達の早道ですね。

 

またパスガードを練習していると、自然にディフェンス力も上がってくると思いますよ。

 

私も今日も柔術スパー40分、グラップリング40分やって良い汗かきました。

みなさんも頑張って練習しましょう。

 

明日もよろしくお願いします。

下からのブラボーチョーク

 

押忍!って練習終わりに挨拶するけど、空手だけだと思ってた!

 

 

おはようございまーすとか、おつかれさまでーすとかの略なんでしょうか?

まさかお悔やみ申し上げまーす、ではあるまい。

 

ブラジル人道場でもやってるので、世界共通なのですかねぇ。

 

 

さて今日も昨日に引き続き大内先生の動画から紹介させていただきます。

ドクトルというからにはお医者さんか博士なのでしょうか。

 

ガードポジションからの変形ブラボーチョークということでよろしくお願いします。

 

まず相手はベースを保とうして腰などを抑えていると思います。

そこから両肘を裏から持って外側に開いて崩します。

 

崩して密着したら、頭の後ろに手を回し、反対の手で相手のラペラを外して受け渡します。

 

そして手のひらを上にして再度渡し替えてやりましょう。

 

ただしこの時、相手に状態を起こされてしまっていてブラボーチョークに行けないことがよくあると思います。

 

まず、この体勢から相手の袖を袋取りして自分の心臓と鉄槌のところで挟んで固定してやります。

 

次に相手の腰骨を蹴って、腕十字に行くのですが、これを技を下手くそに極めに行きます。

 

そうすると相手に腕を極められまいと抜かれると思いますが、ここで肩口のラペラを取りに行きます。

 

相手は足が邪魔になってラペラを取りに行っているところが見えません。

しっかりラペラをとったら足を使って相手を締めて極めることができますね。

 

十字の手が自分の方に残っていると締めが浅いので、こうなった場合は相手の方に押し込んじゃってください。

 

 

いかがだったでしょうか?

下からの十字締めなどはしっかり肩口を持てず、うまく極めることができないかもしれませんが、これは足も使うので極めやすそうですね。

 

私もまだ使ったことがないので、明日にでも挑戦してみようと思います。

 

ではみなさん良い週末を過ごしてくださいね。

デラヒーバのカウンターでバックを取る

 

キッズの帯の色はなんなのかよくわからんけど聞くまでもないかも!

 

 

なんなんですかねぇ。オレンジだったり緑だったり。。

なんか縞みたいになってたのもあったな。

とにかくカラフルな印象がありますね。

 

 

はい、今日も動画を見て練習しましょう。

大内先生です。声が非常に聞き取りやすくて、わかりやすいですね。

 

でも今日はちょっと難しいかも。ベリンボロみたいなバックを取る方法です。

 

相手はデラヒーバガード(手はかかと&対角の袖、足は巻き付け&腰)を取っているとことからスタートです。

 

まず空いている手で足のふくらはぎの外側を持ち、腰骨に自分の手を当てて胸を張り、相手が引っ張ってくる力をそのまま使って相手の襟を持ちます。

 

このときはあまり相手の奥襟ではなくて胸元あたりの襟を掴みましょう。

 

次に腰に当たっていた足を外にさばいて、自分の足も下げ、下に下げる。

ここから襟を持っている側の肩を相手の胸につけるようにして回転する。

 

回転したら自分の土踏まずで相手のふくらはぎ~かかとにかけてを押し込んで相手の足を地面につけさせる。

 

そうすると相手は背中を向けているのでエビをして上に移動し、バックを取ります。

 

そこからはバックチョークで極めることができますね。

 

 

これは極まればカッコいい~!

デラヒーバをやられたときにこれがパッと出てくるかですね。

 

回転の勢いが付きすぎると押し込むタイミングがなくなって、相手が背中を向けてくれなくなるので注意しましょう。

 

ではさっそく練習で使ってくださいね!!

 

 

あー、スターバックスの福袋抽選外れてしまった〜。

ちょっとショック。少し甘く見ていたかな。

倍率何倍くらいなんだろう?

タックルよりも簡単!アンクルピックテイクダウン

 

大会の賞品がまさかの柔術着!

 

 

えーっ!ってなってました。

道着は白しか着ない主義だったのですが、青もらっちゃった。

どうしよう!?

 

 

今日はアンクルピックというテイクダウンを勉強しましょう。

 

まずベーシックバージョンとして相手の襟を開き、鎖骨の高さで襟を掴みます。

そこから斜め後ろに、右(1)、左(2)と移動して相手の頭を下げさせてから、前にでて(3)踵を持って倒すというやり方です。

 

 

今回はより成功率を上げるために、この動きを1,2,3ではなくて、アドバンスバージョンの1,2でやってみましょう。

 

右左で下がるのですが、ベーシックバージョンだど右膝が前にでているときに相手の頭を上げさせるので、自分がストンと沈み込むことができません。

 

それに対してアドバンスバージョンでは、両足同時に動き、左足前の右足後ろの体勢を1で作ります。

わかりにくい方は反復横跳びのサイドステップをイメージするといいかもしれません。

 

コツは右足を思いっきり外側後ろに放り出してやると左足が前に出やすいです。

 

沈み込んだときに、足首より前に膝がでていると素直に前への推力がでやすいと思いますね。

 

手の押し込みは肘の角度は90~120で変えずに、前の膝を伸ばす力を前にぶつけていってください。

 

また相手の頭を下げさせる位置は、相手の両足を底辺とする二等辺三角形の頂点とします。

なので意識的にかなり遠くに外側の足を移動させ、相手との軸をズラすことが重要になりますね。

 

しっかり相手の頭を下げさせて、バランスを崩させて足を前に出させてから、踵を取りに行くようにしましょう。

 

踵を取ったら、相手を倒して時にしっかり上にあげる、反対の手は関節を取られないように襟から離しておくことを注意してください。

 

テイクダウンに失敗すると相手に潰されてしまうため、勇気のいる技だと思いますが、中途半場にせず思いっきりいっちゃいましょう!

草刈りスイープは相手を立たせることが勝負です

 

マットが冷たくて靴下はいて練習する!

 

 

最初のエクササイズは寒いんですよねぇ。

体もマットも温まってなくて。。

テクニック練習が始まるくらいには脱いだりします。。。

 

 

今日も柔術界での親子ゲームこと、道場でもなぜかグラサン先生の動画です。

よろしくお願いします。

 

 

今日は草刈りスイープですね。

エレベータスイープとかともいったりしますね。

 

入り方は片襟片袖ガードで、足は腰と相手の二頭筋に当ててスタートです。

 

この状態からまず袖を持ち替えて、相手の足を持ちます。

次に二の腕に当てていた足を足首を曲げて相手の膝裏に当てます。

 

この状態で相手は足が下がらない状態になっているので、そのまま腰を押すとスイープができますね。

 

手の持ち帰る順序は必ず袖口→足の順番でお願いします。

相手の足が取りにくいからって最初にとろうとすると、袖が取れなくなって続きができなくなってしまいますのでこの順番も大事ですよ。

 

また草刈りスイープにありがちなのが倒したあとに、相手もすぐに起き上がろうとします。

そんな時、起き上がり大会になって結局どっちもどっちになって、バタバタしてたけど、何がしたかったの?って終わってしまうことがよくあります。

 

このとき、袖をしっかり持っておくと相手の重心が後ろに移動したときに、自分の体を引っ張ってってくれるのでその間に体を起こす準備をしておきます。

そうすると自分のほうが早く起き上がれますね(半身早い)。

 

さらに相手の足を引き上げることで、相手は片足で起きざるをえなくなり、自分は両足で立てるので勝つことができます。

 

 

ただ相手も仕掛ける前の片襟片袖ガードをしたときに、相手が立っていると三角締めの恐れがありますので相手はおそらくしゃがんでくる(コンバットベース)と思います。

 

もちろんしゃがんだ状態では、草刈りしようとしても立ってないんでできません。

 

相手もおそらく襟や帯を持っていると思いますが、両袖を持ち相手の脇下を蹴ることで袖も切れるし、相手もそのまま立ち上がってしまうでしょう。

 

そこでしっかり踵をもって、膝裏に足をあってそのまま腰を押す。。。で草刈りスイープを極めることができます。

 

 

どうでしょうか。とてもわかりやすい!

この技も実践的で役立ちそうですよね。

 

草刈りスイープなんて使わないよ!初心者じゃあるまいし! って思ってる人もいるかもしれませんが、意図せずその形になることはよくあります。

 

そんなときとっさに草刈りスイープができるように、頑張って練習しましょう。